JIBUNマガジン

2018年07月号 vol.36

「歴史」に関連する記事

文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)軍事工場の謎のトンネル(後編・消えた坂道、天神坂)

後楽園駅前、礫川公園のトンネル跡。これは小石川税務署裏まで続いているのか?前編で考察した水戸藩江戸上屋敷とは関係あるのか?前編・後楽園編はこちらからどうも礫川公園の隧道入口の...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年07月号 vol.36

【気まぐれ寺社探訪】護国寺で四季の移り変わりを楽しむ

文京区の中で、もっとも西側にある東京メトロ有楽町線「護国寺駅」。その護国寺駅を出て、すぐの場所に護国寺はある。仁王門 天和元年(1681)2月に、五代将軍徳川綱吉公の生母、桂...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年06月号 vol.35

文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)軍事工場の謎のトンネル(前編・後楽園編)

ワトソ子くんがネット上で騒いでいます。牛天神下、小石川税務署の裏手の工事現場。木々が取り除かれると、崖からトンネルらしき遺物が顔を出したと。ワトソケ子くん(誤植ではない新キャ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年06月号 vol.35

【気まぐれ寺社探訪】ツツジと千本鳥居で有名な根津神社

ツツジの見ごろは過ぎても、人はたくさん押し掛けてにぎわっている根津神社。イベント期間中は屋台も多く出て、参拝も並ばないとできない。観光地として、外国人も多くやってくる。 境内...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年05月号 vol.34

文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)上野戦争ー残された弾痕(後編)

慶応四年(1868年)5月15日(新暦7月4日)午前3時、江戸城二重橋前の大下馬に集合した新政府軍は、道案内人を伴い、それぞれの配置へと向かいます。午前7時、広小路、忍川に架...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年05月号 vol.34

【まち】光圀さんが暮らしたこともある!?歴史的建造物が白山に

文京区白山、児童館の裏手に歴史的建造物があるのをご存じだろうか。江戸時代からあるカギ型街路に面した「新町館」。関東大震災(1923年)のとき、地下室を建設中だったという古い洋...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年04月号 vol.33

【イベント報告】銭湯の外でも富士山が!「ペンキ絵ライブ」藍染大通りで開催

銭湯といえば富士山のペンキ絵。ということを知る人も少なくなっているのではないだろうか。銭湯はいまや絶滅危惧業種となりつつあり、東京都内では10年前の837軒から508軒へと激...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年04月号 vol.33

【JIBUNテレビ】ペンキ絵ライブライブ!

「銭湯の外でも富士山が! ペンキ絵ライブ藍染大通りで開催」の記事で紹介したペンキ絵師・丸山清人さんによる富士山のペンキ絵ライブの一部をライブ!何も描いていない板から、2時間半...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年04月号 vol.33

文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)上野戦争ー残された弾痕(前編)

靖国神社の大村益次郎像は一体どこを見ているのでしょうか?皇居でもない、靖国神社本殿でもない。彼の視線の向こうには、そう、上野のお山があります。江戸城富士見櫓から、遠く上野方面...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年04月号 vol.33

文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)こんなに急坂だったの?富坂(西富坂)

歌川広重画「小石川にしとみ坂の図」。犬の喧嘩で転がり落ちるみかん。騒がしく、また、山登りのような図です。ずいぶんと大袈裟な表現のように思えますが。。。しかしながら、この富坂、...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年02月号 vol.31

東京十社めぐりの一つ、アジサイで有名な白山神社

都営三田線白山駅からすぐ、歩いて3分ほどで白山神社に着く。ほとんどの人がここから参拝するが、白山通りにほど近い京華通り商店会側から階段を上っていく参道もある。そこから上ると駐...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年01月号 vol.30

文京区の名坂/菊坂エリア(菊坂・鐙坂・炭団坂)−動く古写真−

文京区本郷の菊坂は下町情緒と数々の文豪の香りが漂うエリア。文豪のひとり、樋口一葉の旧居跡が菊坂下道にあります。菊坂下道には、東大下水(ひがしおおげすい)という下水が流れていま...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年12月号 vol.29

【JIBUNテレビ】文京もちもちって?

「文京もちもち」というまちづくり団体ができたらしい。「もちつもたれつ」が合言葉だそうだが、それだと「文京もちもた」のはずだが・・・ともかく、文京の地域コミュニティをもりあげる...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年11月号 vol.28

文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)古地図に無いアキバー西洋医学所は何処にあったか?

東京というところは殆んどの場合、江戸の古地図、切絵図を見ながら歩けてしまいます。江戸はもともと、湿地と台地が点々したところに町づくりをしたため、頭上を首都高が走りますが堀は残...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年11月号 vol.28

【イベント案内】「このまちにやく味あり」。まちじゅうが展覧会場、芸工展2017はじまる

「芸工展2017」がスタートした。開催中の大忙しのさなかとは知りながら会見をお願いした。なんとか時間を捻出していただくことができて、実行委員の渡真利紘一さんと村山節子さんから...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2017年10月号 vol.27

【まち】本郷のまちの記憶を継ぐ鳳明館本館/本郷のキオクを語り聞く会2017

震災や戦災をくぐりぬけた建物が多く残る文京区本郷。しかし1つ消え、2つ消え……とするうちに、まちの記憶も失われていく。2年前に老舗銭湯の菊水湯が廃業、解体されたことがきっかけ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年10月号 vol.27

文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)都心の新撰組(近藤勇編)

新宿区の外苑東通りの焼餅坂、市谷柳町交差点。ここは一昔前まで渋滞のメッカで、光化学スモッグ多発地帯という、なんとも懐かしい公害の汚名が出てきます。渋滞緩和のため、一部、信号を...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年10月号 vol.27

特選!ご近所 茗荷谷界隈/お茶の水女子大の正門刷新!

さる9月7日(木)に正門復元工事完成の式典が開催されました。その時の様子が お茶の水女子大のサイトに掲載されています。お茶の水女子大学の前身は1875年(明治8年)創立の「東...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年10月号 vol.27

文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)「沈黙 -サイレンス-」のモデル、ジュゼッペ・キアラの供養碑がなぜ此処に。

幕末の匂いが濃かった三百坂、伝通院で「清河八郎」のお墓を探している時に目にしたこの案内板。鎖国をしていた幕府直轄の、そして、家康公生母の菩提寺、葵の御紋が眩しい「伝通院」に?...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年09月号 vol.26

【ひと】東京産の和紙の魅力を広める伝道師/東京和紙の篠田佳穂さん

「楮(こうぞ)の皮で、綱引きしてみましょうか」。えっ? 楮って、紙の原料の? 破れるでしょう?・・・。恐る恐る、引っ張ってみると、びくともしない。男性が引っ張っても切れない。...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年08月号 vol.25

バックナンバー(もっと見る)

2018年06月号 vol.35

アジサイの花がしっとり美しい季節です。白山神社のあじさいまつりは6月9日(...

2018年05月号 vol.34

今年は桜も早ければツツジも早いようです。「梅まつり」「さくらまつり」に続く...

2018年04月号 vol.33

新年度が始まりました。今年の桜は卒業式のために咲いたようで、入学式ではもう...