JIBUNマガジン

2021年03月号 vol.68

記事タイトル一覧

ちいさい春を見つける散歩/谷中~上野、小石川~春日

記事テーマ:まち

諏訪台を抜けて上野公園へサトウハチローが自宅のハゼノキにちいさい秋をみつけたように、一軒家や小さいアパートの桜を見つけようと歩いた。でも桜は毛虫がたかることで知られていて、こじんまりした庭に植えてあったら、ご近所から苦情が入ったりして、なかなか難しいので...

inaba_yoko inaba_yoko

写真と、わたしたちの日々のこと②3月11日

記事テーマ:写真と、わたしたちの日々のこと

3月11日は仙台出身である私にとって意味のある日でした。私は仙台や岩手で育った身として、「震災当時あの場にいなかった」という後ろめたさをずっと抱えています。私の家族・親族は幸いにも怪我等は無かったものの、実際に'被災'していて、「私だけ」東京にいました。...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

パンを焼いて自ら学び家族も喜ぶ/習い事としてのこどもパン教室うつせみキッチン

記事テーマ:子ども

ペタン!机にたたきつけたパンだねを手前にたたんでまたペタン!「手につくー」という子どもたちに、「オリーブオイルを塗ってみて」。こどもパン教室「うつせみキッチン」を主宰する小沼裕子さんがタイミングよく声かけをする。3月3日、文京区関口の我楽田工房で、小学生...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

特選!ご近所 茗荷谷界隈/ドミ小石川と共に半世紀。レトロな森理容室

記事テーマ:ご近所 茗荷谷界隈

茗荷谷駅前のランドマークと言えば、今はT R C(図書館流通センター)のビルやアトラスタワーをあげる人が多いかもしれませんが、少し前までは間違いなく「ドミ小石川」を真っ先に思い浮かべる方が多かったでしょう。数年前の大規模修繕で往年の白亜が蘇り、界隈に偉容...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)重要文化財になった坂道

記事テーマ:文京区の名坂

ときに、立ちすくんでしまう絵があるものです。東京ではそう珍しくもない関東ローム層の赤土むき出しの坂道が青空へと伸び、路傍には真新しい白い壁と造成地の土手。そして赤土の道に落ちる電柱の影。これらの自然と人工物は対比を成して、強烈なインパクトを放ち、新しく生...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

もち米をもらってぼたもちを作ろう!企業とコラボ、無料オンラインイベント20日開催

記事テーマ:イベント予告

ぼたもちとおはぎって何が違うの?英語でもち米はなんていうの?――そんな疑問を解説してもらいながら、おうちでぼたもちを作るオンラインイベント「BOTAMOCHI」が20日午後1時半から開催される。主催は、子どもたちにプレゼン力をつけてもらおうと活動している...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

バックナンバー(もっと見る)

2021年02月号 vol.67

桜の名所、小石川の播磨坂にある河津桜がもうすぐ満開になりそうです。早咲きで...

2021年01月号 vol.66

あっという間にお正月が終わり、1月8日に緊急事態宣言の発令と、2021年も...

2020年12月号 vol.65

街角はクリスマスツリーやクリスマス飾りでにぎわっています。でも、イベントも...