JIBUNマガジン

2017年12月号 vol.29

記事タイトル一覧

芸工展2017レポート②竹があればどこへでも。風にのって海をわたる人生~慈航さん~

記事テーマ:ひと

芸工展2017がスタートした10月の初旬、「コムソーコヤ」を訪れた。三崎坂の途中、谷中小の向かいの道を入り、さらに砂利道の路地の奥に「コムソーコヤ」はある。芸工展が始まる前はカフェを開いたり、会期中は絵画展の会場になったりしている。 私は2年前に尺八作...

inaba_yoko inaba_yoko

【子ども】親子の困りごとやストレス軽減の一助に/発達支援ルームぽけっと

記事テーマ:子ども

ことばが増えない、切り替えが苦手、忘れ物が多い……理解の遅れはないようだけど、なんだか生活しにくい、ストレスを感じる。そんな親子を臨床心理士や言語聴覚士、作業療法士ら多職種のチームで支援する「発達支援ルームぽけっと」が文京区小石川にできた。運営するのは、...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

特選!ご近所 茗荷谷界隈/12のカフェと店舗で大学生向けの学割、年内実施中!

記事テーマ:ご近所 茗荷谷界隈

茗荷谷界隈12のカフェと店舗では「大学生向けの学割」が有ります。期間限定です(年内一杯、一部11月末まで)ので、ぜひ大学の学生証をお持ちの皆さん(どこの大学でも)ご利用ください。お知り合いにもお知らせいただけると助かります。学割特典はお店によって異なりま...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

文京区の名坂/菊坂エリア(菊坂・鐙坂・炭団坂)−動く古写真−

記事テーマ:文京区の名坂

文京区本郷の菊坂は下町情緒と数々の文豪の香りが漂うエリア。文豪のひとり、樋口一葉の旧居跡が菊坂下道にあります。菊坂下道には、東大下水(ひがしおおげすい)という下水が流れていました。菊坂下道は川というわけではなく道の脇に下水が通っていてドブ板を渡していたよ...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【カフェ】「オヤジの居場所をめざしたけど……」おしゃれすぎるブックカフェHANON/店舗スペース貸しもやってます

記事テーマ:カフェ

ガラス張りの入り口、高い天井に木目調の落ち着いた雰囲気。壁には文芸書や雑誌がずら~り。文京区小石川1丁目に今年オープンした「Books & Cafe HANON(ハノン)」は本を読みながらゆったりくつろげる空間だ。店主の小久保佳也さんは1年前に会社を定年...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

「何かを始めたいなら4人チームを組むといい」エンパブリック流、明日の仕事のつくり方/広石拓司さん/Eastside Goodside (イッサイガッサイ) インタビュー

記事テーマ:東東京マガジン

創業セミナーや起業講座に参加したときに、「あなたのビジネスプランは?」と聞かれて戸惑ったことはありませんか?360度隙のないビジネスプランを描かないと……と考えて、最初の一歩を踏み出せずにいる人も多いかもしれません。ところが、地域・組織で活躍する人を育成...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

バックナンバー(もっと見る)

2017年11月号 vol.28

土地や場所に制約があっても、人がいれば、可能性は広がります。 人と人のつな...

2017年10月号 vol.27

芸術の秋。10月は谷根千地区で恒例の「芸工展」が開かれています。まちじゅう...

2017年09月号 vol.26

夏らしい日が少ないまま夏が過ぎ、日差しも秋めいてきました。 秋はお祭りシー...