JIBUNマガジン

2018年12月号 vol.41

記事タイトル一覧

普通のまちの本屋さんを増やしたい/小石川のぺブルズ・ブックス店長、フリーランス書店員・久禮さんに聞く

記事テーマ:ひと

小石川3丁目の住宅街に、2階建ての家を改装した小さなまちの本屋さん「Pebbles Books(ペブルズ・ブックス)が2018年9月にオープンした。Pebblesとは小石のこと。店長の久禮(くれ)亮太さんはかつて、後楽園駅・春日駅近くにあったあゆみBOO...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【イベント報告】子育てママの応援拠点をあちこちに!3区合同のママフェス「ほっこり~のパーティー」開催

記事テーマ:イベント報告

ママたちのつながりを広げ、深めていこうと、文京シビックセンター小ホールで12月3日、文京区、豊島区、北区の3区合同ママフェス「ほっこり~のパーティー」が開かれた。15のワークショップブースと、ダンスや演奏が5ステージあり、多くの親子連れでにぎわった。ほっ...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

「くみぐま」で全国各地の魅力的な活動をつなげよう!我楽田工房がクラウドで資金集め

記事テーマ:まち

「百年後も愛される、面白い価値をつくる」という理念を掲げ、コミュニティスペースの運営や、若者と地域をつなぐ地域交流事業など、地域を応援する仕事をしてきた「我楽田工房」が12月3日から、クラウドファンディングを始めた。全国各地の地域の魅力を「くみぐま」とい...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

「普通においしいパン」のある日常を/食パン専門店「ル・ミトロン・食パン」オープン

記事テーマ:まち

おや、なんの行列だろう?千川通りにあるダイエー小石川店の向かい、柳町仲通り商店会の路地を歩いていたら、なんと、時計屋さんがパン屋さんになっていた!看板が出ている。「10:00食ぱん 10:30れーずん・・・」。焼きたての食パンを売っているようだ。 「1...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

護国寺で、伝統的な和の文化を体験する/音羽画廊

記事テーマ:護国寺ナビ

護国寺に住んで15年!ずっと気になっていた「音羽画廊」さんに行ってきました。音羽画廊は、音羽通りに面した、絵画・骨董品を扱う画廊で、古き良き和のテイストの作品がたくさん展示されています。もうね、入り口から圧倒的に重厚な雰囲気が漂ってます。続きはこちら※こ...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

特選!茗荷谷界隈/ひと味違う品ぞろえ。カフェスペースでのんびり/マンガナイトBOOKS Café&Gallery

記事テーマ:ご近所 茗荷谷界隈

てんしん書房の中藤さんに新しい書店が開店したと教えていただき、早速出かけて来ました。学芸大付属竹早小学校、都立竹早高校正門前の信号を渡ったところにあるクリーニング屋さんから伝通院方面へ数えて4件目。マンガ好きの人たちに居心地の良い場所を提供したいとオープ...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)学舎の迷宮「東京大学不思議ツアー」近世編

記事テーマ:文京区の名坂

東京大学構内には、お江戸の頃の歴史的遺物もありますが、明治以降の遺物、不思議なもの、珍しいもの、謎なものが豊富。まずは足元を見てさえも驚きます。 マンホーラーの聖地・東大東大専用マンホール蓋は、確認情報で25種類もあるそうで、東京帝国大学と描かれている古...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【Ibasho(居場所)にはI(愛)がある】/千駄木の谷根千記憶の蔵で「ながやがや!」スタート

記事テーマ:まち

千駄木の蔵で11月から隔週水曜日、子育て中のお母さんたちの居場所「ながやがや!」が始まった。開設したのは千駄木在住の安達睦さん。悩み事や困り事を共有し、イベント化して解決する「むつみ製作委員会」委員長という肩書を持つ。幼児と小学1年生を育てるお母さんでも...

inaba_yoko inaba_yoko

バックナンバー(もっと見る)

2018年11月号 vol.40

近年は米国流でハロウィンの仮装やパレードをする人たちが増えました。 先日は...

2018年10月号 vol.39

10月の台風はかつて珍しかったのですが、最近はそうでもなく、今年は秋台風が...

2018年09月号 vol.38

異例続きの夏でした。連日の猛暑。ところによっては40度越えの気温。 9月に...