JIBUNマガジン

2021年01月号 vol.66

記事タイトル一覧

地域の人たちがソーシャルファミリーに/子ども村:中高生ホッとステーション

記事テーマ:子ども

都電荒川線(さくらトラム)で町屋から一駅目、「町屋二丁目」を降りて右側のビルの2階に、「子ども村:中高生ホッとステーション」はある。エレベーターを降りると正面に、「子ども村:中高生ホッとステーション」の文字がカラフルにデザインされた大きな看板が置かれ、大...

inaba_yoko inaba_yoko

自宅前で写真撮ります!成人式中止の成人も、普通の家族も/区民写真家千葉愛子さんが企画

記事テーマ:ひと

文京区ではコロナ禍により成人の日記念「はたちのつどい」が中止になった。晴れ着やスーツを用意した新成人も多いだろう。そうした中、文京区民のフリーのフォトグラファー千葉愛子さんが、文京区民の新成人と家族の出張撮影を企画した。緊急事態宣言の中、自分にできること...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

築120年近い土蔵が見守る井上公園/井上哲次郎宅跡として東京都史跡にも

記事テーマ:まち

小石川3丁目のダイエー裏、善光寺坂を登らず右奥の坂を上がった住宅街の一角に、ひっそりと井上公園(小石川3-20)はある。この通りはPDC(プロフェッショナルダンスセンター)や熊川哲也氏が主宰するKバレエスクール本校があるため、「舞姫通り」とも呼ばれている...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

特選!ご近所 茗荷谷界隈/フルーツタルトとデコケーキの店、Aibee TARTLET

記事テーマ:ご近所 茗荷谷界隈

2020年11月30日にオープンしたばかりの「フルーツタルトとデコケーキの店」 Aibee TARTLET。春日通りの丼太郎を曲がると正面に見えます。駅からはマルエツ側の改札を出て左へ、第一清水谷跨線橋を渡って右へ向かった角。以前、タピオカ屋さん、その前...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

指ケ谷はさすがやなのになぜさしがやの怪

記事テーマ:まち

学芸会や発表会で指ケ谷小学校の児童が出演すると、「さすがや小学校、さすがやー」とダジャレを飛ばすのが定番だとか。そう。指ケ谷は「さすがや」と読む。町会も指ケ谷(さすがや)町会。だけどなぜか、保育園だけは「さしがや保育園」。しかもひらがなだ。 指ケ谷は古く...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)井上安治が描く東京都心の原風景

記事テーマ:文京区の名坂

江戸伝来の浮世絵とは違う、リアルな明治初期の東京の姿を写した版画のシリーズ「東京真画名所図解」。小林清親の弟子・井上安治は誇張なくデフォルメもなく、江戸から東京へと文明開化で変貌してゆく街を、ありのままに、そして詩情豊かに描いています。 江戸から東京へ元...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

バックナンバー(もっと見る)

2021年04月号 vol.69

今年の春は半月ぐらい早まったようで、もうすでにまちは五月の装い。ご近所の道...

2021年03月号 vol.68

コロナの話題には飽き飽き。外出自粛もイベント中止も慣れっこ。やれやれの気分...

2021年02月号 vol.67

桜の名所、小石川の播磨坂にある河津桜がもうすぐ満開になりそうです。早咲きで...