JIBUNマガジン 文京区

2022年11月号 vol.88

(東京坂道ゆるラン)都会に残る鎌倉街道をゆく4 ジブリの駄菓子屋、雑司ヶ谷鬼子母神編

2022年11月15日 00:32 by Takako-Oikawa
2022年11月15日 00:32 by Takako-Oikawa

鬼子母神参道入口鎌倉街道の関所があったという宿坂を登り、大きな目白通りの向こう側に細い古鎌倉街道は続きます。
この細さは、この道が人馬のためのものであったことを物語り、また古い街道は緩く曲がり決して真直ぐには伸びてはいない。

古鎌倉街道

そんなことを思いながら進むと、都電の踏切という懐かしい光景に遭遇します。

都電荒川線の踏切

都電と踏切のある風景

都電荒川線昨今、鉄道と交差する車道は立体交差になり、踏切は少なくなりました。
この都電荒川線は大通りが出来たせいか、この道に入ってくる車は少なく、都電の本数もまばらで、昔よく言った「開かずの踏切」では決してありません。

続きはこちら

※この記事は「東京坂道ゆるラン」に掲載されたものです。

関連記事

(東京坂道ゆるラン)鎌倉街道を行く3 関所があった宿坂(豊島区後編)

2022年10月号 vol.87

(東京坂道ゆるラン)頼朝伝説、堀部安兵衛の鎌倉街道を行く1(新宿区編)

2022年07月号 vol.84

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)不忍池はなぜ秋田蘭画に描かれたのか?

2022年05月号 vol.82

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年10月号 vol.87

3年ぶりのお祭りムードがあちこちに広がる。一箱古本市「千石ブックメルカード」、…

2022年09月号 vol.86

イベントの秋がいよいよ始まります。コロナ第7波もピークアウトしたようですし、コ…

2022年08月号 vol.85

コロナ第7波で感染者が過去最大となりつつも、行動制限のない夏休みやお盆は3年ぶ…