JIBUNマガジン

2020年07月号 vol.60

文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)二つの幽霊坂についての考察

2020年07月17日 00:56 by Takako-Oikawa

お江戸の坂道を研究していて驚くのは幽霊坂という名の坂が多いこと。日本各地、都内各所に点在する幽霊坂の特徴といえば、森林の中で薄暗い坂、寺社に近い坂などが挙げられます。お江戸の頃は本当に幽霊が出たのでしょうか?

地形的にみると、これはゴミ坂?と思うものもあり、急に崖がある危険地帯もあります。ゴミ坂(ゴミ集積場)or危険地帯だった場合は、子供達が不潔な場所、危険な場所に近ずかないように、「幽霊がでるよ〜」と言って「幽霊坂」または「闇坂」「暗闇坂」と呼びました。

文京区目白台の小さなエリアですがこんなに近くに二つある「幽霊坂」について考察してみましょう。

続きはこちら

※この記事は「東京坂道ゆるラン」に掲載されたものです。

関連記事

名建築を歩く(東京坂道ゆるラン)コンドルと馬場先と一丁倫敦

2020年10月号 vol.63

名建築を歩く(東京坂道ゆるラン)幻の官庁集中計画

2020年09月号 vol.62

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)鏑木清方「嫁ぐ人」と小石川植物園

2020年08月号 vol.61

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年10月号 vol.63

今月は1日が十五夜、29日は十三夜と、お月見月間です。芋、栗、柿、リンゴ、...

2020年09月号 vol.62

朝夕が涼しくなり、ようやく秋めいてきました。世間では相変わらずのコロナ禍。...

2020年08月号 vol.61

気がつけばJIBUNマガジンは5周年を迎えました。昨年8月号のカバー写真は...