JIBUNマガジン

2020年11月号 vol.64

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)描かれた九段坂

2020年11月16日 00:36 by Takako-Oikawa

お江戸の頃はお月見の名所と謳われた九段坂。小山のような急坂を登ると星月夜が近くに見えたということでしょうか、坂の町・江戸でも一二を争う人気の観光スポットでした。

坂道橋番付

江戸の坂・橋番付。九段坂は関脇。

秋はイチョウがもえる九段坂。

秋はイチョウがもえる九段坂。

かの葛飾北斎は西洋の遠近法をいち早く取り入れ、九段坂を描いています。

葛飾北斎画「くだんうしがふち」。

葛飾北斎画「くだんうしがふち」。

西洋画の影響で文字もアルファベット風。横を縦にすると……

続きはこちら

※この記事は「東京坂道ゆるラン」の「名画・名建築を歩く」に掲載されたものです。

関連記事

名建築を歩く(東京坂道ゆるラン)コンドルと馬場先と一丁倫敦

2020年10月号 vol.63

名建築を歩く(東京坂道ゆるラン)幻の官庁集中計画

2020年09月号 vol.62

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)鏑木清方「嫁ぐ人」と小石川植物園

2020年08月号 vol.61

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年10月号 vol.63

今月は1日が十五夜、29日は十三夜と、お月見月間です。芋、栗、柿、リンゴ、...

2020年09月号 vol.62

朝夕が涼しくなり、ようやく秋めいてきました。世間では相変わらずのコロナ禍。...

2020年08月号 vol.61

気がつけばJIBUNマガジンは5周年を迎えました。昨年8月号のカバー写真は...