JIBUNマガジン 文京区

2020年11月号 vol.64

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)描かれた九段坂

2020年11月16日 00:36 by Takako-Oikawa
2020年11月16日 00:36 by Takako-Oikawa

お江戸の頃はお月見の名所と謳われた九段坂。小山のような急坂を登ると星月夜が近くに見えたということでしょうか、坂の町・江戸でも一二を争う人気の観光スポットでした。

坂道橋番付

江戸の坂・橋番付。九段坂は関脇。

秋はイチョウがもえる九段坂。

秋はイチョウがもえる九段坂。

かの葛飾北斎は西洋の遠近法をいち早く取り入れ、九段坂を描いています。

葛飾北斎画「くだんうしがふち」。

葛飾北斎画「くだんうしがふち」。

西洋画の影響で文字もアルファベット風。横を縦にすると……

続きはこちら

※この記事は「東京坂道ゆるラン」の「名画・名建築を歩く」に掲載されたものです。

関連記事

(東京坂道ゆるラン)都心の鉄道史跡「汽笛一声・鉄道はじめて物語」

2023年05月号 vol.94

(東京坂道ゆるラン)柘榴坂(ざくろ坂)の仇討

2023年02月号 vol.91

(東京坂道ゆるラン)太田道灌、山吹の里の鎌倉街道を行く2(豊島区前編)

2022年09月号 vol.86

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2024年05月号 vol.106

緑萌える季節に、残念なお知らせです。ウェブマガジン発行サービスが5月いっぱいで…

2024年04月号 vol.105

春がしばらく足踏みし、桜の開花が少し遅れたと思ったら一気に暖かくなり、ツツジも…

2024年03月号 vol.104

季節は行ったり来たり。今春の桜の開花は早いと思ったら、寒さがぶり返して先延ばし…