JIBUNマガジン

2020年09月号 vol.62

「子ども」に関連する記事

コロナ禍の夏、ようやく開催に漕ぎつけたコンサート「とりのうた」

この作品は絶対取り組みたい!「子ども劇場首都圏ツアー2020」の作品として提案された「とりのうた~歌とピアノ+砂絵ライブ~」。ボイスパフォーマーの中ムラサトコさんが、ループス...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2020年08月号 vol.61

狸が出る?通称「狸山公園」の「駒込林町公園」

公園とひとくちに言ってもいろいろな種類がある。児童遊園は遊ぶことを目的として造られたものであるが、公園と呼ばれる場所は、体や心を休める人々の憩いを目的に造られたもの、だからと...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2020年08月号 vol.61

緊急事態宣言明け、昨夏リニューアルの六義公園をのぞいてみた

本駒込六丁目に、都立文化財9庭園の一つ、「六義園」がある。五代将軍・徳川綱吉の時代に、川越藩主・柳澤吉保が元禄15(1702)年に和歌の趣味を基調に築園した大名庭園で、園内に...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2020年06月号 vol.59

「うちに来ればみそ汁あるよ」。豆腐店併設の子どもの居場所「しゅうちゃんち」

「うちに来ればみそ汁あるよ」。毎日開いていてふらりと行ける。そんな場所をめざして、小日向3丁目の小林久間吉(くまくち)豆腐店の4代目、小林秀一さんが店の裏手に「しゅうちゃんち...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年03月号 vol.56

親子ひろば「さきちゃんちpetit」小石川植物園前に26日オープン

こどもと親子のひろばとして5年ほど地域の有志がボランティアで開いてきた「さきちゃんち」が3月末で閉まり、徒歩5分ほど離れた小石川植物園前に引っ越しし、「さきちゃんちpetit...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年03月号 vol.56

小学生→高校生制作の映画「えがおいろのあかり」完成/放課後の時間、地域や企業とコラボしながら制作

放課後NPOアフタースクールが企画した「物語で想いを伝えるプロジェクト 千駄木act」で高校生たちが制作に取り組んだショートフィルム「えがおいろのあかり」が完成し、青少年によ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年02月号 vol.55

Wの育児日記①「こどもがほしい」。妻の涙がスタートライン

はじめまして。僕は男児を育てる父です。こちらのサイトで育児日記を書いてみないかとお話をいただきました。少しだけ考えました。僕の育児にまつわる話なんて読んでみたい人がいるのだろ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年12月号 vol.53

10月のイベント紹介

イベントを一覧で紹介しようとまとめてみたが、季節はずれの台風のせいで、12、13日開催予定だった根津界隈の「下町まつり」は中止がすでに決まった。秋はイベントが目白押しなのに、...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年10月号 vol.51

遊びでまちを元気に/プレイワーカー・関戸博樹さんに聞く

長い工事を経て、本駒込6丁目の六義公園がこのほど改装オープンした。大小の遊具や芝生広場、ジャブジャブ池もでき、大勢の親子でにぎわう。その一角に、竹とんぼやコマなどの昔遊び、手...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年09月号 vol.50

特選!ご近所 茗荷谷界隈/スポーツもアートもサイエンスも。いろいろ試せるPAPAMO SCHOOL

こどもには色々習い事をさせてみたいが、何をやりたいのか、何に向いているのかわからないし、近くですべてが揃っているわけでもないしと悩む親御さんにうってつけかも知れないお教室が茗...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年07月号 vol.48

【JIBUNテレビ】文京映画祭/4回目の今年は区民製作映画が充実

「映画で広げよう みんなの輪」をスローガンに2019年3月3日、第4回文京映画祭が文京区西片1丁目の文化シャツターBXホールで開かれた。今回は文京区内の小中高校生、大学生、文...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年03月号 vol.44

【JIBUNテレビ】区内のフリーペーパー「MITAMIYO‼」「湯島かいわい」を紹介!

区内にはいくつかフリーペーパーがあるが、2019年3月3日に開かれた文京映画祭の地域メディアブースに出展していた「MITAMIYO‼(みたみよ)」と「湯島かいわい」を紹介する...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年03月号 vol.44

特選!ご近所 茗荷谷界隈/茗荷谷駅前のビルにある子どもの本のアリス館

茗荷谷駅。後楽園方面のホーム後ろ寄りに登場した広告に気がついたのはちょうど昨年の今頃のことでした。それまでのどちらかというと地味目の他社看板から何やら明るく可愛いものに変わっ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年1月号 vol.42

伝通院隣にゾンビが!!一風変わった避難所運営訓練実施

ゾンビだ! 逃げろ! 「きゃ~」。一目散に逃げる子どもたち。どうしてよいかわからず立ちすくむ子どもたち。よく晴れた秋の日曜日、伝通院隣にある表町広場にゾンビが何体も現れた。遊...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年11月号 vol.40

園児や子どもの遊び場に活用/旧国家公務員宿舎跡が期間限定のひろばに

伝通院の隣にかつて、5階建てのマンションのような建物が、住人の気配のないまま有刺鉄線に囲われてたたずんでいた。何年ぐらい放置されていただろう。クリーム色の壁に、赤みがかったタ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年11月号 vol.40

託児や親子サロン、登校支援も手掛ける子育てラボ/本駒込に元園長、元中学教諭が開業

日曜日に無料の親子サロンを開き、土日は託児もする。小学生以上の子には、学童保育や学習塾のほか、家庭訪問で関係づくりから始める登校支援も。親子の困りごとに寄り添う「子育てラボ」...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年10月号 vol.39

子ども向け食育プログラム「おいしい!野菜チャレンジ」で楽しく/放課後NPOアフタースクール×カゴメ

8月31日が野菜の日だって知っているだろうか。確かに、8(ヤ)3(サ)1(イ)。夏休みも終わりに近い野菜の日の前に、文京区内の小学校で放課後NPOアフタースクールとカゴメのコ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年09月号 vol.38

まちのみんなでわいわい食べる「坂下おかえりごはん」で元気に

「大人1人、子ども2人です」「じゃあこちらへお名前を」 千駄木の狭い路地を入った町会の施設、坂下会館に、夜6時過ぎから次々「お客さん」がやってくる。子どもが1人でも来られる「...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年08月号 vol.37

地域の人が共有するリビング。高島平団地の「地域リビングプラスワン」が5周年

「♪上をむ~いて、歩こうよ……」。熟年ユニット「ジャストフレンズ」のギターに合わせ、歌声が響く。赤ちゃんからお年寄りまで、外国の方もいれば、認知症の方もいる。世代や国籍を超え...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年07月号 vol.36

お子様連れもワンちゃんも。ニューオープンのカフェ&バー綱吉茶房@町屋≪荒川102提携記事≫

昨年12月末、町屋の住宅街にオープンした綱吉茶房をご紹介。犬公方とも呼ばれた徳川綱吉からとった店名からわかる通り、ワンちゃん歓迎のお店です。その時々によって変わるワンちゃん用...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年07月号 vol.36

バックナンバー(もっと見る)

2020年08月号 vol.61

気がつけばJIBUNマガジンは5周年を迎えました。昨年8月号のカバー写真は...

2020年07月号 vol.60

緊急事態宣言が解除され1カ月以上がたち、連日100人、200人の感染者が出...

2020年06月号 vol.59

緊急事態宣言が解除され、休業要請や県をまたいでの移動自粛も解除で、そろりそ...