JIBUNマガジン 文京区

2022年05月号 vol.82

記事タイトル一覧

都心でバードウオッチング!/青い宝石に出合った!

記事テーマ:まち

3年ぶりになんの拘束もなく外出できる連休。せっかくだから遠出を、と思うが、きっとどこも混んでるだろう、さりとて、家にいるのはなんだかもったいないし、結局、近場の公園に、開催されているイベントを覗きながら、あわよくば野鳥も見つけることを期待して、カメラをぶら下…

inaba_yoko inaba_yoko

OSAGARI絵本のよりみちにっき/本好きの子 ~我が家の場合~(前編)

記事テーマ:OSAGARI絵本のよりみちにっき

あっという間に過ぎ去ったゴールデンウィーク。例年通り遠出の予定もない我が家は、絵本屋でお店番をしながら過ごしました。小2の息子も、茗荷谷の朝マックにつられて朝から元気に出勤。毎朝お店に到着するや否や、開店前の雑然とした店内で絵本の物色がはじまります。「ああ、…

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

「実家に帰るような気持ちでどうぞ」。入院・通院する子どもと家族の宿泊施設、ドナルド・マクドナルド・ハウス 東大

記事テーマ:まち

「17歳のときに白血病の治療を始めて、外泊の時や通院の時もドナルド・マクドナルド・ハウスにはお世話になりっぱなしでした・・・」。広いホテルのような部屋の中にあるノートに、こんな一文がつづられていた。文京区本郷の東京大学構内にある「ドナルド・マクドナルド・ハウ…

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)不忍池はなぜ秋田蘭画に描かれたのか?

記事テーマ:東京坂道ゆるラン

秋田蘭画とは、秋田久保田藩の人々か描いた西洋風絵画のこと。秋田蘭画の成立には江戸中期の本草学者、江戸のダ・ビンチと云われた万能の奇才・平賀源内が大きく関わっています。 小野田直武と平賀源内の出会い平賀源内。一部の洋書を解禁した八代将軍吉宗公の治世。長崎留学を…

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

脚色!会議録「紙の地域誌を出したい!」

記事テーマ:ひと

皐月のある昼下がり、地域誌発行について話し合うため、まちについて熱い想いを持つ面々が集っていた。Oはインターネットで情報発信を8年間やってきたが、手ごたえを感じていない。2021年夏に地域誌の展示イベントをやったことがきっかけで、紙媒体を出したい、と思うよう…

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

バックナンバー(もっと見る)

2022年11月号 vol.88

木々が紅葉しはじめ、秋らしくなりました。小石川植物園では、受付の「ご自由にお持…

2022年10月号 vol.87

3年ぶりのお祭りムードがあちこちに広がる。一箱古本市「千石ブックメルカード」、…

2022年09月号 vol.86

イベントの秋がいよいよ始まります。コロナ第7波もピークアウトしたようですし、コ…