JIBUNマガジン 文京区

2021年03月号 vol.68

記事タイトル一覧

ちいさい春を見つける散歩/谷中~上野、小石川~春日

記事テーマ:まち

諏訪台を抜けて上野公園へサトウハチローが自宅のハゼノキにちいさい秋をみつけたように、一軒家や小さいアパートの桜を見つけようと歩いた。でも桜は毛虫がたかることで知られていて、こじんまりした庭に植えてあったら、ご近所から苦情が入ったりして、なかなか難しいのではな…

inaba_yoko inaba_yoko

写真と、わたしたちの日々のこと②3月11日

記事テーマ:写真と、わたしたちの日々のこと

3月11日は仙台出身である私にとって意味のある日でした。私は仙台や岩手で育った身として、「震災当時あの場にいなかった」という後ろめたさをずっと抱えています。私の家族・親族は幸いにも怪我等は無かったものの、実際に'被災'していて、「私だけ」東京にいました。それ…

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

まちの可能性をまちの人と掘り起こしてまちに紹介/「まちの教室KLASS」

記事テーマ:まち

「食べて綺麗になるRawfood教室」「エキナカ社交ダンス」「昆虫標本教室」「アニョハセヨキッチン」「マイクロドローンを飛ばそう!」「西日暮里エキナカ寄席」……。「まちの教室KLASS」は、まちのあらゆる場所に展開していくことをめざしている。「暮らしと学びを…

inaba_yoko inaba_yoko

パンを焼いて自ら学び家族も喜ぶ/習い事としてのこどもパン教室うつせみキッチン

記事テーマ:子ども

ペタン!机にたたきつけたパンだねを手前にたたんでまたペタン!「手につくー」という子どもたちに、「オリーブオイルを塗ってみて」。こどもパン教室「うつせみキッチン」を主宰する小沼裕子さんがタイミングよく声かけをする。3月3日、文京区関口の我楽田工房で、小学生を対…

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

特選!ご近所 茗荷谷界隈/ドミ小石川と共に半世紀。レトロな森理容室

記事テーマ:ご近所 茗荷谷界隈

茗荷谷駅前のランドマークと言えば、今はT RC(図書館流通センター)のビルやアトラスタワーをあげる人が多いかもしれませんが、少し前までは間違いなく「ドミ小石川」を真っ先に思い浮かべる方が多かったでしょう。数年前の大規模修繕で往年の白亜が蘇り、界隈に偉容を誇る…

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)重要文化財になった坂道

記事テーマ:文京区の名坂

ときに、立ちすくんでしまう絵があるものです。 東京ではそう珍しくもない関東ローム層の赤土むき出しの坂道が青空へと伸び、路傍には真新しい白い壁と造成地の土手。そして赤土の道に落ちる電柱の影。これらの自然と人工物は対比を成して、強烈なインパクトを放ち、新しく生…

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

もち米をもらってぼたもちを作ろう!企業とコラボ、無料オンラインイベント20日開催

記事テーマ:イベント予告

ぼたもちとおはぎって何が違うの?英語でもち米はなんていうの?――そんな疑問を解説してもらいながら、おうちでぼたもちを作るオンラインイベント「BOTAMOCHI」が20日午後1時半から開催される。主催は、子どもたちにプレゼン力をつけてもらおうと活動している一般…

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

バックナンバー(もっと見る)

2022年08月号 vol.85

コロナ第7波で感染者が過去最大となりつつも、行動制限のない夏休みやお盆は3年ぶ…

2022年07月号 vol.84

観測史上最速と言われた梅雨明け(6/27)から3週間。酷暑から一転、梅雨に逆戻…

2022年06月号 vol.83

6月、梅雨といえば、アジサイ。まちかどで雨露にしっとり濡れたアジサイが美しい。…