JIBUNマガジン

2019年03月号 vol.44

「寺」に関連する記事

【JIBUNテレビ】「文京区でまってる!」「護国寺ナビ」「あなたの名所ものがたり」

久しぶりのJIBUNテレビ大特集!2019年3月3日に開かれた文京映画祭では、会場となった文化シヤツターBXホールのホワイエで、さまざまな地域メディア活動をしている団体のブー...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年03月号 vol.44

ワールド×ローカル/「谷根千坂上」養源寺で音楽フェスを仕掛けた小川さんに聞く

お寺の本堂で音楽フェス!?そんな、ぶっ飛んだイベントが。東京メトロ南北線「本駒込駅」近くの「養源寺」で行われた。調べてみると、谷根千で活躍するミュージシャンや、北欧フィンラン...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年02月号 vol.43

ゴーン・・・除夜の鐘で新年の幕開け

2019年あけましておめでとうございます。本年もJIBUNをよろしくお願いします。 今年は小石川近辺の除夜の鐘のリポートから。まずは「こんにゃくえんま」で知られる源覚寺。源...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年1月号 vol.42

護国寺の落ち着いた境内で心を鎮める

文京区音羽住民にとって、初詣は当然「護国寺」。 とは言ってみたものの、地方出身者である私の初詣はだいたいが実家近くの神社。だけど今年は5年ぶりに東京で正月を過ごすことに。なの...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年1月号 vol.42

護国寺で、伝統的な和の文化を体験する/音羽画廊

護国寺に住んで15年!ずっと気になっていた「音羽画廊」さんに行ってきました。音羽画廊は、音羽通りに面した、絵画・骨董品を扱う画廊で、古き良き和のテイストの作品がたくさん展示さ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年12月号 vol.41

園児や子どもの遊び場に活用/旧国家公務員宿舎跡が期間限定のひろばに

伝通院の隣にかつて、5階建てのマンションのような建物が、住人の気配のないまま有刺鉄線に囲われてたたずんでいた。何年ぐらい放置されていただろう。クリーム色の壁に、赤みがかったタ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年11月号 vol.40

護国寺からイタリアのパンの魅力を発信/脱サラ起業、パーネ エ オリオ (Pane & Olio)

護国寺駅6番出口から、音羽通りを歩くこと約3分!イタリアパン専門店「パーネ エ オリオ」があります。店長の小林照明さんに、お話を伺ってきました。「パーネ エ オリオ」がオープ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年09月号 vol.38

朝顔しっとり、ほおずき赤らむ/夏の風物詩「文京朝顔・ほおずき市」

ウダルような暑さの中、夏の風物詩「文京朝顔・ほおずき市」が開かれた。文京朝顔・ほおずき市は、次の6つが会場だ。傳通院(朝顔市会場)源覚寺(ほおずき市会場)牛天神北野神社(大輪...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年08月号 vol.37

情報は狭く深く。住民の「知りたい」を追求する「護国寺ナビ」編集長の石井さん

「谷根千とか茗荷谷界隈に比べて、護国寺近辺の情報って少ないと思うんです」。熱を込めて話すのは、情報サイト「護国寺ナビ」編集長の石井さんだ。2015年ごろから、護国寺や音羽地域...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年06月号 vol.35

【気まぐれ寺社探訪】護国寺で四季の移り変わりを楽しむ

文京区の中で、もっとも西側にある東京メトロ有楽町線「護国寺駅」。その護国寺駅を出て、すぐの場所に護国寺はある。仁王門 天和元年(1681)2月に、五代将軍徳川綱吉公の生母、桂...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年06月号 vol.35

都市の日常に作り出したナチュラルな時間と空間/「ロバの音楽座~愉快なコンサート~」

かすかな風が大きなテントの白い布をふんわり膨らませながら、過ぎてゆく。 2018年5月の土曜日の午後、文京区向丘の光源寺の芝生に、200人近い観客が集まってコンサートは始まっ...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2018年06月号 vol.35

文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)「沈黙 -サイレンス-」のモデル、ジュゼッペ・キアラの供養碑がなぜ此処に。

幕末の匂いが濃かった三百坂、伝通院で「清河八郎」のお墓を探している時に目にしたこの案内板。鎖国をしていた幕府直轄の、そして、家康公生母の菩提寺、葵の御紋が眩しい「伝通院」に?...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年09月号 vol.26

特選!ご近所 茗荷谷界隈⑱ルーツは南北朝時代にまで?見どころ多い「傳通院鎮守 澤蔵司稲荷」

「子供のころはここから東大の安田講堂や両国の花火が見えたものです」。 10年ほど前まで遊具があった広場で遠田住職は懐かしそうに語ってくれました。遠田住職(月組)は私(雪組)...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年1月号 vol.18

【まち】音楽でまちを盛り上げよう!若手ミュージシャンがフリーライブ「あつまれ!街の音楽祭!」十方寺で

「文京区に家族で楽しめる新しい音楽祭を」をテーマに、千駄木生まれのシンガーソングライター、穣史(じょうし)さんと、ヴォーカルと鍵盤楽器のユニットmuu(むう)を中心にしたミュ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2015年11月号 vol.4

バックナンバー(もっと見る)

2019年02月号 vol.43

3日は節分。季節を分ける節目の日です。邪気=鬼を払うため、豆まきをした家庭...

2019年1月号 vol.42

2019年あけましておめでとうございます。 「平成31年」はいつまで使われ...

2018年12月号 vol.41

まばゆいばかりのイチョウの黄葉.。夜は街頭に照らされ、夜桜ならぬ夜銀杏が美...