JIBUNマガジン

2017年09月号 vol.26

記事タイトル一覧

【まち】実験的な作品の作り手を応援する劇場/日暮里のd-倉庫

記事テーマ:ひと

日暮里駅から東に向かう「日暮里繊維街」の中程のあたりを左に入ったところに小劇場「d-倉庫」がある。いつも若者たちがたくさん出入りしているのを見かけ、どんな芝居がかかっているのだろうと、ずっと気になっていた。そのうち、「あの小屋はなかなかいい作品をやってい...

inaba_yoko inaba_yoko

【イベント告知】認知症になっても安心して暮らせる地域をめざして/RUN伴(ランとも)2017文京区 9/16開催!

記事テーマ:イベント予告

こんにちは、原稿が遅い竹形です。なにかと忙しくてネタ探しをサボっていたら、及川デスクに「RUN伴について書いてはどうですか」と助け舟を出してもらいました。RUN伴(「ランとも」と読みます)というのは認知症の人とそうでない人が地域でいっしょに走って理解を深...

takegata takegata

【まち】安曇野の景色を光で表現/国営アルプスあづみの公園~堀金・穂高地区のサマーイルミネーション

記事テーマ:まち

今回のJIBUNマガジンの記事は、お盆や夏休みにそれぞれ旅行したところの見聞録でもよいとのこと。そこでFBの画像を見て気になっていた信州・安曇野の国営アルプスあづみの公園の「サマーイルミネーション」を見に行った。 以前子ども劇場でお世話になった竹迫昇治氏...

inaba_yoko inaba_yoko

【まち】東東京が熱い?勝手に東東京応援団が発足!清澄白河の「ちんぷん館TOKYO」で公開作戦会議

記事テーマ:まち

東東京といえば何を思い浮かべるだろう。革製品や服飾雑貨などの職人、ニット、プラスチックや金属、印刷などの町工場も多く、近年はデザイナーも集まってきて、おしゃれなカフェやシェアスペースが増加中だ。そんな東東京エリアを盛り上げようと、このほど「勝手に東東京応...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

特選!ご近所 茗荷谷界隈㉑播磨坂が「フランス化」?Café Gare de Lyon(リヨン駅)

記事テーマ:ご近所 茗荷谷界隈

春日通りから播磨坂を下って右側2本目の角にある明るい緑のカフェがこの3月末にオープンした「Cafe Gare de Lyon(リヨン駅)」です。お隣には「コンコルド広場」と言う名前のサロンがあり、一つ向こう角には「レセンシェル」もあって播磨坂の「フランス...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)「沈黙 -サイレンス-」のモデル、ジュゼッペ・キアラの供養碑がなぜ此処に。

記事テーマ:文京区の名坂

幕末の匂いが濃かった三百坂、伝通院で「清河八郎」のお墓を探している時に目にしたこの案内板。鎖国をしていた幕府直轄の、そして、家康公生母の菩提寺、葵の御紋が眩しい「伝通院」に?。なぜ、宣教師の、いわゆる「転びバテレン」のジョゼフ岡本三右衛門の供養碑があるの...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

バックナンバー(もっと見る)

2017年08月号 vol.25

JIBUNマガジンも2周年を迎えました。8月号はだいぶ遅れての発行となりま...

2017年07月号 vol.24

夏本番です! 22日、23日は伝通院と源覚寺(こんにゃくえんま)、牛天神北...

2017年06月号 vol.23

空き家や空きビルを活用したシェアスペースや子育てひろばなど、まちのスペース...