JIBUNマガジン 文京区

2021年10月号 vol.75

特選!ご近所 茗荷谷界隈/縛られ地蔵で有名な林泉寺

2021年10月16日 21:31 by Takako-Oikawa
2021年10月16日 21:31 by Takako-Oikawa

駅から茗荷坂(仮称:風の通る道)を下り、拓殖大学の手前左側に曹洞宗 青龍山 林泉寺の入口があります。駅から1分足らずのお寺です。5年ほど前に大きな工事が行われてすっかり見違えるようになりました。 入口はモダンなホテルのような外観ですが、エレベーターであがると立派な本堂が現れ、その向かいには「縛られ地蔵」があります。

開基の慶長7年(1602年)と言えば、まだ関ヶ原の戦い(1600年)が終わったばかり。徳川幕府誕生の少し前に、広さは異なりますがほとんど現在と同じ場所に伊藤半兵衛長光を開基として曹洞宗(禅宗)のお寺が建立されました。付近のお寺の開基の時期は伝明寺(1625年)、徳雲寺(1630年)、深光寺(1639年)ですから、界隈ではもっとも早く建てられたお寺でした。谷を見おろす小石川の台地の外れ、後に将軍が鷹狩に来るような人里離れた場所だったのでしょう。清水谷ともよばれ湧水から小さな池の近くには茗荷(たぶん)、そこから小川も流れ出ていたようです。

続きはこちら

※この記事は「ご近所 茗荷谷界隈」に掲載されたものです。

 

関連記事

特選!ご近所 茗荷谷界隈/白髪染めと髪質改善に特化したヘアサロンSALON MARL

2022年11月号 vol.88

特選!ご近所 茗荷谷界隈/千石の一軒家、加島典子芸術記念館

2022年10月号 vol.87

特選!ご近所 茗荷谷界隈/播磨坂に新規オープンの花屋さん「ミュール(mule)」

2022年09月号 vol.86

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年11月号 vol.88

木々が紅葉しはじめ、秋らしくなりました。小石川植物園では、受付の「ご自由にお持…

2022年10月号 vol.87

3年ぶりのお祭りムードがあちこちに広がる。一箱古本市「千石ブックメルカード」、…

2022年09月号 vol.86

イベントの秋がいよいよ始まります。コロナ第7波もピークアウトしたようですし、コ…