JIBUNマガジン

2020年11月号 vol.64

「カフェ」に関連する記事

特選!ご近所 茗荷谷界隈/住宅街の民家カフェ蜻蛉 + 珈琲(せいれいかうひい)

植物園左手の網干坂を上り、インペリアルガーデン(以前東京海上の寮だった場所です)に沿って不忍通りに向かい2本目を右に折れて最初の右手の角。昨年1月11日、取り壊す予定だった築...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年09月号 vol.62

本郷のビルに東京の木をはろう/文京区木質化プロジェクト第一弾

文京区を木材であふれるまちにしよう――そんなコンセプトを掲げ、本郷3丁目のカフェの壁や外装に東京産の木材をはるDIYワークショップが7月にあった。企画したのは東京山の上大学「...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年08月号 vol.61

都市と地方をつなぐオフラインの場、20歳学生が起業しオープン/向丘のカフェ&コワーキング「Rural Coffee」

産直野菜があり、コーヒーチケットのガチャがあり、手作りクッキーがあり、コーヒーがある。東大前の本郷通りと、ほぼ平行して走る国道の間、向丘の住宅街を抜ける狭い路地に、突如現れる...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年08月号 vol.61

タピオカ、タピオカ。白山、茗荷谷、後楽園。

「新聞に出たころはブームが去っている」。そう世間でささやかれていると耳にした。今さらタピオカって?夏も終わったし・・・という声が聞こえてきそうだが、元新聞記者だから仕方ないと...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年10月号 vol.51

特選!ご近所 茗荷谷界隈/コーヒー豆焙煎博物館みたいな「マメココロ」

春日通りのスーパー三徳と三徳のリカーショップの間にカフェが併設されたコーヒー豆の店、「マメココロ」が7月にオープンしました。北千住店、浅草店に続く3店舗目になるようです。店内...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年10月号 vol.51

本が読めるカフェにとどまらぬ広がりを求めて。小石川モノガタリ。

本が買えて読めて,コーヒーが飲めて雑貨も買える。それが「小石川モノガタリ」。小石川3丁目の通称オリーブ通りに2019年5月にオープンした。「本の価値を最大化する方法としての店...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年08月号 vol.49

ブランと泊まれる街のかど「bunkyo blanc(ブンキョー ブラン)」/千駄木坂上にゲストハウスオープン

「20代半ばで数千万円のローンを組んだ!?」大丈夫? 誰かに騙されていない?そう思われるのも不思議ではありません。でも大丈夫。彼にはしっかりとしたビジョンがあるからです。今回...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年03月号 vol.44

特選!茗荷谷界隈/ひと味違う品ぞろえ。カフェスペースでのんびり/マンガナイトBOOKS Café&Gallery

てんしん書房の中藤さんに新しい書店が開店したと教えていただき、早速出かけて来ました。学芸大付属竹早小学校、都立竹早高校正門前の信号を渡ったところにあるクリーニング屋さんから伝...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年12月号 vol.41

ケムラン(美味しい禁煙飲食店)が、文京区の指定助成団体に決定!

「たばこの煙が苦手だから、外での食事は控えている……」 このように考える人が、増えている。 男性30.2%、女性8.2%。 これは2016年に国立がん研究センターの調査による...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年07月号 vol.36

お子様連れもワンちゃんも。ニューオープンのカフェ&バー綱吉茶房@町屋≪荒川102提携記事≫

昨年12月末、町屋の住宅街にオープンした綱吉茶房をご紹介。犬公方とも呼ばれた徳川綱吉からとった店名からわかる通り、ワンちゃん歓迎のお店です。その時々によって変わるワンちゃん用...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年07月号 vol.36

東京のど真ん中に田舎が!?庭の家のカフェひだまり

特徴といえば道が入り組んでいることぐらいしかない千石の住宅街。細い路地を入ると、ごくごく一般的な古い民家とお庭が目の前に現れる。隣のおばあちゃんちみたいなたたずまいの「庭の家...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年05月号 vol.34

特選!ご近所 茗荷谷界隈/12のカフェと店舗で大学生向けの学割、年内実施中!

茗荷谷界隈12のカフェと店舗では「大学生向けの学割」が有ります。期間限定です(年内一杯、一部11月末まで)ので、ぜひ大学の学生証をお持ちの皆さん(どこの大学でも)ご利用くださ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年12月号 vol.29

【カフェ】「オヤジの居場所をめざしたけど……」おしゃれすぎるブックカフェHANON/店舗スペース貸しもやってます※2018年春閉店

ガラス張りの入り口、高い天井に木目調の落ち着いた雰囲気。壁には文芸書や雑誌がずら~り。文京区小石川1丁目に今年オープンした「Books & Cafe HANON(ハノン)」は...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年12月号 vol.29

【まち】まちの資源を活用し、出会いをつなぐ――東洋大とコラボで文京区民らが子どものまちあそびについて考えた

子どもの声が騒音とされたり、ボール遊びができない公園ばかりだったり。子どもたちはどこで遊べばよいのか?――そんな問題意識のもと、「子どもの『まちあそび』を考える」というテーマ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年11月号 vol.28

【イベント報告】猫好きが猫三昧!猫でつなぐ湯島のまち/ねこまつりat湯島

みなさん、湯島って文京区なんですよ!知ってましたか?湯島が文京区から削られている地図をみて衝撃を受けたことがある湯島在住の竹形です。なにしろ、その文京区の地図には谷中が入って...

  いいね!   takegata takegata from 2017年10月号 vol.27

特選!ご近所 茗荷谷界隈㉑播磨坂が「フランス化」?Café Gare de Lyon(リヨン駅)

春日通りから播磨坂を下って右側2本目の角にある明るい緑のカフェがこの3月末にオープンした「Cafe Gare de Lyon(リヨン駅)」です。お隣には「コンコルド広場」と言...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年09月号 vol.26

【子育て】ハイジが飛び出してくるログハウス?!ハーブの庭がある子育てサロン・シャレースイスミニ

子育てサロンや親子のひろばのような、地域の乳幼児の親子がゆっくり集える場が増えてきている。だが都内で、庭園つきの子育てサロンは数少ないのではないだろうか。  JR西日暮里...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2017年07月号 vol.24

谷中→松本、お次はどこへ?自由人の喫茶ヤマベボッサ

昨年秋(2016年10月)、上野の美術館から千駄木への帰り道、上野桜木の喫茶「谷中ボッサ」に立ち寄った。その時、「谷中ボッサ」が松本に移転することを知った。ボッサの増田さんご...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2017年05月号 vol.22

〈子どもと☆いこいこ!〉①ワールドネイバーズカフェ/落ち着いたゆったり空間、赤ちゃん連れOK

ママ、パパと子どもが一緒に楽しめるお出かけ先情報をお届けする<子どもと☆いこいこ!>の連載を始めます。月1回程度、子連れで行きたいお食事スポットや都内イベントなどを、0歳児の...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年04月号 vol.21

【まち・カフェ】天然酵母のパンと料理教室の二本立て/千駄木の路地の奥にあるパン屋さんMignon(ミニョン)

千駄木の動坂上から団子坂上へ抜ける道は「くらしのみち(通称保健所通り)」と呼ばれる。動坂方面からこの道を入って少し進むと右手に千駄木小学校がある。体育館のはずれの路地を右に曲...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2017年04月号 vol.21

バックナンバー(もっと見る)

2020年10月号 vol.63

今月は1日が十五夜、29日は十三夜と、お月見月間です。芋、栗、柿、リンゴ、...

2020年09月号 vol.62

朝夕が涼しくなり、ようやく秋めいてきました。世間では相変わらずのコロナ禍。...

2020年08月号 vol.61

気がつけばJIBUNマガジンは5周年を迎えました。昨年8月号のカバー写真は...