JIBUNマガジン 文京区

2024年04月号 vol.105

朝はコッペパン、夜はピザ、介護職は1杯無料。。。ユニークなカフェ&バー「ケアギルドトーキョー」プレオープン

2024年04月15日 18:56 by Takako-Oikawa
2024年04月15日 18:56 by Takako-Oikawa

ちょっと大人な雰囲気のカフェ。ドアの脇のウインドーにはお惣菜コッペパンが並ぶ。文京区弥生、東大から根津へ下りる言問通り沿いにプレオープンした「ケアギルドトーキョー(文京区弥生2-15-13)」。「朝はコッペパン、夜はピザ。介護職は1杯タダです」と、「ギルドマスター」の飯塚裕久さんは言う。

ビルの看板は「ケアワーク弥生」。確か、介護事業所があったはず。「はい、2階はケアワークアカデミーという学校、3階は訪問介護と居宅介護の事務所です」。ビルを建て替えて、1階をカフェ&バーに改装したのだという。

ケアワーク弥生は文京区内で長く介護事業に取り組んできた地域密着の事業所。飯塚さんは専務だ。ずっと、ピザ窯のある店をやりたいと思っていた。「コミュニティーをつくりたいと思って」。ピザは1枚をみんなでシェアする。介護職や地域の人が1枚をシェアできたら、という思いを込めた。

コッペパンは、千駄木の大好きなパン屋さんから仕入れて、「ジェノベーゼチキン」「からしマヨ角煮」などのコッペにしている。「弥生の人たちは坂を下りないと買い物ができないし、パン屋さんがないので」。1週間で「バカ売れ」したとか。

夜はピザと、信州のレアな日本酒を置くバー。介護職1杯無料の意図は「全産業の平均より介護職は年収が120万~130万円低い。地域のみなさんから介護職へのペイフォワード(恩送り)があってもいいんじゃないかと思って」。介護職に限らず、たとえば子どもはメロンソーダ1杯無料にするなど、発展していけたらとも考える。

昼は現金も扱うが、夜は基本、10枚入りのコインを1800円で購入し、コインで支払う形式をとる。コインだけ買って使わなければその分は寄付になる。コインは革製だ。

ケアギルドトーキョーのすぐ近くには小規模多機能型居宅介護施設「ユアハウス弥生」があり、飯塚さんは施設長でもある。認知症になった高齢者も、やりたいことがたくさんあるけれど、介護保険のサービスのしくみの中では、できないことがたくさんある。「夜お酒を飲みに行きたいとか、ピザを食べたいとか、そういう要望だったあるはず。そんなミッション達成もできれば」。ニーズとサービスのすきまを埋めることができたら、という思いも根底にある。

介護職がいきいきと元気に働けるコミュニティーをつくりたい。それが願いだ。介護職の悩みを先輩介護職との対話で解決していこうというNPO法人「もんじゅ」を2010年に立ち上げており、活動はコロナ禍で足踏みしたが、ケアギルドトーキョーの場がいかせそうだ。4月6日にプレオープンし、6月にグランドオープン予定。貸し切りも可能だ。現在は不定休なので、開店日などはFacebookページで確認を。(敬)

関連記事

自給率をあげる「食材選び」、観光客向け「体験イベント」も/交流・体験space「九条Tokyo」

2024年04月号 vol.105

地域の人の心と体を元気に/勢いで開店、本郷のCafé&Apéro Taro Taro(カフェ&アペロ・タロタロ)

2023年08月号 vol.97

都市と地方をつなぐオフラインの場、20歳学生が起業しオープン/向丘のカフェ&コワーキング「Rural Coffee」

2020年08月号 vol.61

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2024年05月号 vol.106

緑萌える季節に、残念なお知らせです。ウェブマガジン発行サービスが5月いっぱいで…

2024年03月号 vol.104

季節は行ったり来たり。今春の桜の開花は早いと思ったら、寒さがぶり返して先延ばし…

2024年02月号 vol.103

節分の豆まきは今年は4年ぶりというところが多かったようです。節分、立春といえど…