JIBUNマガジン 文京区

2024年05月号 vol.106

「公園」に関連する記事

大塚公園の木と友だちに!伐採や剪定に課題も/大塚公園の歴史と景観を大切にする会が樹木観察会

「木の幹が顔に見えませんか」。確かに、よく見ると、パンダみたいな垂れ目の笑顔が見えてくる。「私はフェンス越しのヤブソテツに向かってラブコールしてるんだと思ってます」。案内人の「わ…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2024年05月号 vol.106

小石川植物祭2023、「命名 nomenclature ーなぜ人は植物に名を授けるのか」をテーマに出展者公募! 11/3~5日開催、『植物考』著者の藤原辰史氏がキュレーター、総合ディレクターは前回同様発起人のKASA

小石川植物祭2023が、今年も11月3日(金・祝)~5日(日)の3日間、文京区白山の小石川植物園(東京大学大学院理学系研究科附属植物園)を中心とした近隣地域を舞台に開かれる。実行…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2023年05月号 vol.94

「何気ない日常にイベントが自然に入っていく」尾久の原公園のオギで鬼のオブジェづくり

さくらトラム「東尾久三丁目」から徒歩10分の荒川区東尾久7丁目に、都立「尾久の原公園」はある。そこで、公園の湿地に自生しているアシやオギ(ススキに似た植物)を使って、節分に向けて…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2023年01月号 vol.90

消えた軍艦行進曲記念碑(東京坂道ゆるラン)

日比谷公園の小音楽堂の北側にある不思議なスペース。場違いで奇妙な獅子頭の装飾、不自然な石積み……この石垣の中には碑の残骸が含まれていると云います。戦前、ここには「軍艦行進曲記念碑…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2022年02月号 vol.79

3度の花見が楽しめる清和公園。一葉も訪れた右京山、大正時代の住宅地の名残も

坂が多い文京区。公園も傾斜地にあるケースが多い。文京区の中心地ともいえる後楽園・春日地区にありながら、緑豊かで閑静な住宅街の中にある清和公園は、崖のようなところ、というか、山の斜…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2021年04月号 vol.69

築120年近い土蔵が見守る井上公園/井上哲次郎宅跡として東京都史跡にも

小石川3丁目のダイエー裏、善光寺坂を登らず右奥の坂を上がった住宅街の一角に、ひっそりと井上公園(小石川3-20)はある。この通りはPDC(プロフェッショナルダンスセンター)や熊川…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2021年01月号 vol.66

新しい「雑司が谷公園」で再スタート/「ぞうしがやプレーパーク」

雑司が谷公園で、「ぞうしがやプレーパーク」が、2020年9月に始まった。雑司が谷公園が4月にオープンすると同時に、ぞうしがやプレーパークも新しい公園を拠点とし、新たな幕開けを迎え…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2020年12月号 vol.65

小学校跡地を住民の手で地域の公園に/新規オープン「雑司が谷公園」の「ひろばくらぶ」

雑司が谷プレーパークが、今年3月にオープンした「雑司が谷公園」に開催場所を変えるということで取材に出かけ、あちこち写真を撮っていると、大きなボードの設置作業をしている男性に出会っ…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2020年10月号 vol.63

築90年、緑と歴史濃き震災復興の礎、元町公園

JR水道橋駅から御茶ノ水駅へと延びる外堀通りのお茶の水坂、神田川を眼下に望む場所に、元町公園はある。本郷1丁目1番地。正面階段を上ると、突き当りはアーチ模様の壁泉。いま水はないが…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年09月号 vol.62

狸が出る?通称「狸山公園」の「駒込林町公園」

公園とひとくちに言ってもいろいろな種類がある。児童遊園は遊ぶことを目的として造られたものであるが、公園と呼ばれる場所は、体や心を休める人々の憩いを目的に造られたもの、だからといっ…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2020年08月号 vol.61

「魔の坂」、いや「間の坂」を上がると緑濃き西日暮里公園へ

JR西日暮里駅近くの「西日暮里公園」。駅に隣接というか駅の上方にあるというか。飛鳥山から上野へ続く台地を道灌山通りが切り通す形になっていて、公園はその切通の際、台地の上にある。駅…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2020年07月号 vol.60

鳥がさえずり、かっぱも出没!?由緒正しき須藤公園

千駄木は、まちの名前の通り、木がいっぱいの地域だ。旧町名は、駒込林町。当時、千駄木町はもう少し東までで、町名変更の時、千駄木に含まれるようになった。林町だから、千駄木町より少し木…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2020年07月号 vol.60

緊急事態宣言明け、昨夏リニューアルの六義公園をのぞいてみた

本駒込六丁目に、都立文化財9庭園の一つ、「六義園」がある。五代将軍・徳川綱吉の時代に、川越藩主・柳澤吉保が元禄15(1702)年に和歌の趣味を基調に築園した大名庭園で、園内には「…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2020年06月号 vol.59

新型コロナウイルスもなんのその/ともだちと2メートル離れてもおもしろく遊べる「あそび」を紹介!

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、小中学校が休校になっている。家の中でお絵かきしたり、ゲームで遊んだり、テレビを見たりしているだけではあきあきしてしまうだろう。野外は風が流…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2020年03月号 vol.56

文京区ラジオ体操発祥の地へ!歴史とモダンあふれる大塚公園

朝から暑くても、寒くても、毎朝ラジオ体操にいそしむ人々が全国各地にいる。全国ラジオ体操連盟のサイトによれば、ラジオ体操は1928(昭和3)年、国民の健康増進を図るために創設された…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年08月号 vol.37

【まち】まちの資源を活用し、出会いをつなぐ――東洋大とコラボで文京区民らが子どものまちあそびについて考えた

子どもの声が騒音とされたり、ボール遊びができない公園ばかりだったり。子どもたちはどこで遊べばよいのか?――そんな問題意識のもと、「子どもの『まちあそび』を考える」というテーマで第…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年11月号 vol.28

【まち】安曇野の景色を光で表現/国営アルプスあづみの公園~堀金・穂高地区のサマーイルミネーション

今回のJIBUNマガジンの記事は、お盆や夏休みにそれぞれ旅行したところの見聞録でもよいとのこと。そこでFBの画像を見て気になっていた信州・安曇野の国営アルプスあづみの公園の「サマ…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2017年09月号 vol.26

〈子どもと☆いこいこ!〉②浜離宮恩賜庭園/お腹がすいた息子君と入った授乳室とは!?

第2回目は、中央区にある浜離宮恩賜庭園へ行こ行こ!してきました!!息子くんをベビーカーに乗せてのリポートです。浜離宮恩賜庭園は、徳川家将軍の庭園として1654年に造られた、都内に…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年05月号 vol.22

【JIBUNテレビ】保育園落ちても働けます!?子守りシェアで「おたがいさま子育て」を

「大丈夫!保育園落ちても働けます!」と言うのは、「おたがいさま子育て文京」の塩田美智代さん。なんでも、親同士で子守りをシェアして、仕事をしようじゃないの、という計画らしいです。保…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年03月号 vol.20

特選!ご近所 茗荷谷界隈⑰窪町東公園に溶け込むカフェパルケ

駅前から湯立坂を下り千川通りの手前、窪町東公園のお向かいに新しいカフェが生まれました。名前は「cafe and factoryPaLuke(パルケ)」。大塚三丁目の cafe&b…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2016年12月号 vol.17

バックナンバー(もっと見る)

2024年04月号 vol.105

春がしばらく足踏みし、桜の開花が少し遅れたと思ったら一気に暖かくなり、ツツジも…

2024年03月号 vol.104

季節は行ったり来たり。今春の桜の開花は早いと思ったら、寒さがぶり返して先延ばし…

2024年02月号 vol.103

節分の豆まきは今年は4年ぶりというところが多かったようです。節分、立春といえど…