JIBUNマガジン

2020年03月号 vol.56

記事タイトル一覧

新型コロナウイルスもなんのその/ともだちと1メートル離れてもおもしろく遊べる「あそび」を紹介!

記事テーマ:子ども

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、小中学校が休校になっている。家の中でお絵かきしたり、ゲームで遊んだり、テレビを見たりしているだけではあきあきしてしまうだろう。野外は風が流れて感染しにくいようだ。離れてできる「あそび」には、どんなものがあるだろう…...

inaba_yoko inaba_yoko

“まちを応援する”これまでの想いを込めて、神田川アートブロッサムが開催されます!

記事テーマ:イベント予告

3月28日より、早稲田から江戸川橋エリアを、誰もが知ってる行きたい街にしたい、という想いのもと、7回目となる神田川アートブロッサムが開催される。今年は新型コロナウイルスの影響で規模を縮小。例年2日間かけて、我楽田工房にて行われるWEマーケットも中止しての...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

「うちに来ればみそ汁あるよ」。豆腐店併設の子どもの居場所「しゅうちゃんち」

記事テーマ:まち

「うちに来ればみそ汁あるよ」。毎日開いていてふらりと行ける。そんな場所をめざして、小日向3丁目の小林久間吉(くまくち)豆腐店の4代目、小林秀一さんが店の裏手に「しゅうちゃんち」を開いた。引き戸一枚で店とつながっており、店を開けている19時半ごろまで、子ど...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

モノや地域の価値高めたい/ご近所のシェアスペースUpcycle Salon(アップサイクルサロン)白山倉庫

記事テーマ:まち

小石川植物園にほど近い白山2丁目、住民しか通らないであろう小道の突き当りに、いかにも古そうな2階建ての建物が現れた。 左わきの急な階段を上がると、古めかしい下駄箱。これは目白台にかつてあった銭湯「月の湯」にあったもの。脇には更衣室にあったロッカーも置いて...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

Wの育児日記④一刻の猶予もない現実

記事テーマ:Wの育児日記

不妊治療の教室に行くことになりました。今後の具体的な病院での治療方法、成功率に関するものでした。基本的には夫婦で参加が必須要件でした。私が参加した際には概ね10組くらいでした。私の中では不妊治療というと、年齢の上の夫婦の抱える問題だろうと思っていました。...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

特選!ご近所 茗荷谷界隈/間口広く「お気軽に」古美術柿谷

記事テーマ:ご近所 茗荷谷界隈

播磨坂から千川通りを後楽園方面に向かい、4つ目の信号機の左側、元八百屋さんのあった場所に昨年、ある時から福助が座る真っ赤なシャッターが目につくようになりました。四隅には「愉快活発」の文字が大きく書かれています。骨董店「古美術柿谷」です。 店主の柿谷州太...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

走れ!いだてん/「金栗足袋からカナグリ・シューズへ」

記事テーマ:文京区の名坂

ストックホルム、アントワープ、パリと三度のオリンピックを足袋で挑み、そして散っていった金栗四三。現役引退後の心残りは辛作さんの作った「金栗足袋」で世界に勝てなかったこと。ハリマヤの黒坂辛作は、金栗の失敗をあくまで足袋の敗北として自らを責め、マラソン足袋の...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

バックナンバー(もっと見る)

2020年02月号 vol.55

今月は4年に1度2月「29日」がある「うるう年」。いつもの年より1日多いの...

2020年1月号 vol.54

2020年も半月過ぎてしまいました。お正月気分は抜けてしまったでしょうか。...

2019年12月号 vol.53

クリスマスまでなんとなく気持ちもにぎわって盛り上がりますが、すぐに歳末、正...