JIBUNマガジン 文京区

2022年02月号 vol.79

消えた軍艦行進曲記念碑(東京坂道ゆるラン)

2022年02月18日 00:34 by Takako-Oikawa
2022年02月18日 00:34 by Takako-Oikawa

日比谷公園の小音楽堂の北側にある不思議なスペース。場違いで奇妙な獅子頭の装飾、不自然な石積み……この石垣の中には碑の残骸が含まれていると云います。戦前、ここには「軍艦行進曲記念碑」が鎮座していましたが、二年ほどの短命でその姿を消してしまいます。

記念碑建設の経緯

瀬戸口藤吉 瀬戸口藤吉

昭和十六年(1941年)十一月八日、軍楽師・瀬戸口藤吉が死去します。雑誌「吹奏楽」では「瀬戸口藤吉翁を偲ぶ」という特集を組み、その中の対談で、彼の業績を記念する碑を建ててはどうかとの提案があります。瀬戸口藤吉は日本人なら誰でも知っている「軍艦行進曲」の作曲者です。軍艦行進曲記念碑というのはどうだろう。場所は日本で初めて軍楽隊が演奏した日比谷公園。その楽譜と山本五十六連合艦隊司令長官の揮毫で「軍艦行進曲」の題字を、と勇ましい意見が飛び交い、その日の内に「軍艦行進曲記念碑建設会」が結成されます。

続きはこちら

※この記事は「東京坂道ゆるラン」に掲載された記事です。

関連記事

(東京坂道ゆるラン)太田道灌、山吹の里の鎌倉街道を行く2(豊島区前編)

2022年09月号 vol.86

戦犯裁判にかけられた東京四大銅像(東京坂道ゆるラン)

2022年03月号 vol.80

徳川慶喜邸と小日向の新坂(東京坂道ゆるラン)

2022年01月号 vol.78

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年11月号 vol.88

木々が紅葉しはじめ、秋らしくなりました。小石川植物園では、受付の「ご自由にお持…

2022年10月号 vol.87

3年ぶりのお祭りムードがあちこちに広がる。一箱古本市「千石ブックメルカード」、…

2022年09月号 vol.86

イベントの秋がいよいよ始まります。コロナ第7波もピークアウトしたようですし、コ…