JIBUNマガジン 文京区

2022年08月号 vol.85

「根津」に関連する記事

本郷の「もりばあのいえ」が根津で新たなスタート/活動を引き継ぎ、その名も「谷根もりばぁ」

「もりばぁ」が再来した。2021年12月、根津の旧藍染川沿いの倉庫に。かつて本郷森川町(本郷6丁目)に「本郷もりばあのいえ」というのがあった。2016年、本郷で親しまれていたパン…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2022年04月号 vol.81

「出会いを作るための手段」/ガラスアクセサリー「ビュルオンシエル」根津にオープン

ガラスアクセサリーのアトリエ"ビュルオンシエル"が、根津の弥生坂を数メートル上ったところ、弥生二丁目、カーサマジカル根津というビルの4階に、今年3月1日オープンした。代々木駅前か…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2022年03月号 vol.80

まちをなおす/築68年の古民家で「笑顔になれるおうちごはん」OKAERIを開いた濱彰子さん/震災を機に人とまちに目が向く

停電した街は真っ暗。2011年3月11日、濱彰子さんは気持ちも真っ暗なまま、不忍通りをとぼとぼ歩いて帰宅の途上にあった。深夜零時ごろ、根津の街に差し掛かると、あたりがパッと明るく…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2022年01月号 vol.78

新型コロナのまちウオッチ・リターンズ(公園・屋外編)近場の公園生き生き

緊急事態宣言で、遠出はできないし、外食もできないし、お買い物もできないし。公園はどうかなと思い、公園めぐりをしてみた。子どもから高齢者まで、幅広い層が集っていた。まずはお隣荒川区…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2021年05月号 vol.70

まちと出会い、ひとと出会う/「芸工展2019」活動は「まち歩き」からスタート

「まちと出会い、ひとと出会うことが、そもそも、芸工展の原点だなぁ」「企画として定期的にまちを巡る方法、どうしてもっと早く思いつかなかったのだろう」毎年秋に谷根千で開催される「芸工…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2019年06月号 vol.47

食べて、遊んで、ベンチやテーブルで「憩える!」/藍染大通りの「あいそめ市2019春」12日開催

春真っ盛りの今は、「つつじまつり」で賑わう根津神社。その表参道である藍染大通りは、毎週日曜、歩行者天国となり、子どもたちの遊び場として賑わっている。9月の根津神社例大祭を始め、一…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2019年05月号 vol.46

学生4人が運営する古民家レンタルスペース!/根津2丁目の「ねづくりや」

根津に、4人の学生さんが住む古民家シェアハウスで、ギャラリーやイベントスペースとしても使える「ねづくりや」ができた。「まちライブラリー」のひとつにもなっていて、毎週金曜日に「やね…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2019年05月号 vol.46

街角で野菜を作りながらまちを育てる/根津寄せにわプロジェクト「こちらのゾーン」

街角で野菜を育てるって、おもしろそうな話だな。空き地に畑を作ったりするのだろうか。9月23日、みんなで野菜の収穫と新しく種まきをするよ~という呼びかけに興味津々、根津の藍染大通り…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2018年10月号 vol.39

こんなところに?日本一ハードルの低いレコード屋って?

根津駅2番出口から徒歩1分といったところだろうか。住民しか行きそうにないコンビニ脇の路地を入ると・・・庭木がボウボウと生い茂る普通の住宅の玄関がなにやら普通でない。小さく「blo…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年06月号 vol.35

【気まぐれ寺社探訪】ツツジと千本鳥居で有名な根津神社

ツツジの見ごろは過ぎても、人はたくさん押し掛けてにぎわっている根津神社。イベント期間中は屋台も多く出て、参拝も並ばないとできない。観光地として、外国人も多くやってくる。境内の掲示…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年05月号 vol.34

【JIBUNテレビ】ペンキ絵ライブライブ!

「銭湯の外でも富士山が! ペンキ絵ライブ藍染大通りで開催」の記事で紹介したペンキ絵師・丸山清人さんによる富士山のペンキ絵ライブの一部をライブ!何も描いていない板から、2時間半ほど…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年04月号 vol.33

【ひと】谷根千はそれぞれがビジョンを持って活動している「共有都市」?/2017ソウル都市建築ビエンナーレに出展した学生さんに聞いてみた

韓国初のグローバル学術・展示会である「2017ソウル都市建築ビエンナーレ」が、韓国のトニムン(敦義門)博物館村、トムデムン(東大門)デザインプラザ(DDP)をはじめ、ソウル各地の…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2018年03月号 vol.32

「何かを始めたいなら4人チームを組むといい」エンパブリック流、明日の仕事のつくり方/広石拓司さん/Eastside Goodside (イッサイガッサイ) インタビュー

創業セミナーや起業講座に参加したときに、「あなたのビジネスプランは?」と聞かれて戸惑ったことはありませんか?360度隙のないビジネスプランを描かないと……と考えて、最初の一歩を踏…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年12月号 vol.29

【まち】明治の「動物事件」を根津周辺で追う!路上観察家・林丈二さんとまち歩き

「このあたりですね。貸座敷に現れた狐が打ち殺された場所は」「虫屋が焼けたのはこのへんかな」。路上観察家・林丈二さんの解説にうなずきながら、ぶらぶらとまちを歩く。しっとりした秋の休…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2015年11月号 vol.4

バックナンバー(もっと見る)

2022年07月号 vol.84

観測史上最速と言われた梅雨明け(6/27)から3週間。酷暑から一転、梅雨に逆戻…

2022年06月号 vol.83

6月、梅雨といえば、アジサイ。まちかどで雨露にしっとり濡れたアジサイが美しい。…

2022年05月号 vol.82

天候不順ですが、本来は五月晴れの行楽シーズン。ナントカ宣言も措置も出ていないゴ…