JIBUNマガジン 文京区

2022年04月号 vol.81

記事タイトル一覧

OSAGARI絵本のよりみちにっき/いってらっしゃいの「ぎゅっ」

記事テーマ:OSAGARI絵本のよりみちにっき

満開の桜で彩られた播磨坂も、連日の雨で葉桜に。ああ今年もお花見できないまま終わっていくわ……なんて感傷に浸る間もなく、お店の前の通りには弾むような子どもたちの声が戻ってきました。我が家でも、始業式前夜にお便りをあわてて探し、「あー、ランドセルの黄色いカバ...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

本の郷で書店オーナーになってみませんか?「シェア型書店本郷(ほんのさと)BOOK BRIDGE」5月6日に本格オープン

記事テーマ:まち

近ごろめっきり本屋さんが減ってしまった。そうだ、みんなでシェアする本屋さんをやろう――。吉祥寺BOOK MANSIONや西日暮里BOOK APARTMENTのように、棚貸しの本屋さんが登場しているのを見て、自分もやろうと思い立ったのが、本郷で編集プロダク...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

本郷の「もりばあのいえ」が根津で新たなスタート/活動を引き継ぎ、その名も「谷根もりばぁ」

記事テーマ:まち

「もりばぁ」が再来した。2021年12月、根津の旧藍染川沿いの倉庫に。かつて本郷森川町(本郷6丁目)に「本郷もりばあのいえ」というのがあった。2016年、本郷で親しまれていたパン屋さんが閉店し、地域の新しい拠点として再出発したのだった。立ち上げたのは「文...

inaba_yoko inaba_yoko

名曲の坂道「桜坂」(東京坂道ゆるラン)

記事テーマ:東京坂道ゆるラン

そもそも桜、ソメイヨシノが一般化したのは明治期のこと。なので桜坂という名の坂道は比較的新しいものです。東京には桜坂がいくつかあります。いずれも景観を保つために街路に桜を植え、その季節にはフルブルームを誇り、名曲を生み出すものもあります。 赤坂の桜坂赤坂の...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

谷根千→鳥取へ移住の孫大輔さん監督作品第2弾、映画「うちげでいきたい」/在宅看取りがテーマ、上映会通して対話の機会を

記事テーマ:まち

蝉の鳴き声。おっとりと聞こえる鳥取の方言。映画「うちげでいきたい」は在宅看取りをテーマにしているのに、全編が温かさに包み込まれた印象で、死を扱った映画という重さがない。長年「谷根千まちばの健康プロジェクト(まちけん)」にかかわり、2年前に鳥取県大山町に移...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

特選!ご近所 茗荷谷界隈/小麦粉を使わないパン屋さん「biossa」

記事テーマ:ご近所 茗荷谷界隈

春日通りをはさんで小石川郵便局の斜め向かい、芳文堂書店の手前、新坂(徳川さん坂)に向かう角にあるのが「グルテンフリー・ベーカリーbiossa」です。この地に開業したのは2019年12月、今から2年前のことでした。これまで何回もお店が替わる場所でしたので、...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

バックナンバー(もっと見る)

2022年06月号 vol.83

6月、梅雨といえば、アジサイ。まちかどで雨露にしっとり濡れたアジサイが美し...

2022年05月号 vol.82

天候不順ですが、本来は五月晴れの行楽シーズン。ナントカ宣言も措置も出ていな...

2022年03月号 vol.80

♪春のうららの、墨田川・・・春の川は、魚が跳ねる音が聞こえて、春風に川面が...