JIBUNマガジン

2019年06月号 vol.47

まち

木の精を感じるチョコレート店「DRYADES(ドリュアデス)」が西片に/福井発の木製デザイン雑貨店Hacoaが初の試み

木型を使って作った木の葉の板チョコ、薪のようなトリュフ。木を感じさせるこだわりのチョコレート店「DRYADES(ドリュアデス)」が文京区西片に2019年1月にオープンした。福...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa

知って乗ってまちを元気に/B-ぐる友の会

ビーグル犬のキャラクターが描かれ、子どもたちには「ワンワンバス」と親しまれている文京区のコミュニティバス「B-ぐる(ビーグル)」。このバスには、神出鬼没な専属の応援部隊がある...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa

まちと出会い、ひとと出会う/「芸工展2019」活動は「まち歩き」からスタート

「まちと出会い、ひとと出会うことが、そもそも、芸工展の原点だなぁ」 「企画として定期的にまちを巡る方法、どうしてもっと早く思いつかなかったのだろう」 毎年秋に谷根千で開催され...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko

他の号の記事

始まったよ! 芸工展2019/事前作業も大事な「居場所」

「芸工展2019」。スタート半月前の9月15日(日)、マップが受け取れるというので、谷中2丁目「あかじ坂」にある「ギャラリーTEN」を訪れた。中に入ると10人ほどのスタッフや...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2019年10月号 vol.51

意外に進化していた!文京区のコインランドリー事情

私事で恐縮ですが……、洗濯機が壊れました。洗濯機を購入したのは約15年前、天命なのは間違いないでしょう。むしろここまでよく頑張ってくれたと労いたい気持ちでいっぱいです。 さて...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年10月号 vol.51

あなたが主役!身近な地域でワクワクドキドキ学びあい/「東京山の上市民大学」始動

羽の模様も精巧なチョウチョ型のトレーシングペーパーを手のひらに乗せてみる。すると・・・羽が動いて丸まった。まるでチョウが飛び立とうとしているように! 「紙と対話しているみたい...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年10月号 vol.51

大塚と名前がつくのに大塚にはない四谷大塚の謎

突然ですが、問題です。次の単語に共通することは何でしょう。東京デイズニーランド、東京ドイツ村、東京国際大学、東京歯科大学。答えはいずれも「東京」とは名前がついているものの、東...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年09月号 vol.50

文京区初のクラフトビールを飲んでみた!/ブリューイングパブ「クラフトビール グランズー」

4月のJIBUNマガジンで、桜で桃色に染まる神田川のほとりの3階建てのビール醸造所にて、文京初のクラフトビールで「まちづくり」をめざす「カンパイ!ブルーイング」の荒井祥郎さん...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2019年09月号 vol.50

遊びでまちを元気に/プレイワーカー・関戸博樹さんに聞く

長い工事を経て、本駒込6丁目の六義公園がこのほど改装オープンした。大小の遊具や芝生広場、ジャブジャブ池もでき、大勢の親子でにぎわう。その一角に、竹とんぼやコマなどの昔遊び、手...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年09月号 vol.50

夏の夜は花火で

ぱちぱちぱちぱち、バチバチバチッ!シュー、ぱらぱらぱらぱらヒュー・・・・・ドーン「キャー、きれいーっ!」「わー、すげーすげーすげー」。隣や後ろで歓声があがる。夏の夜の花火に心...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年08月号 vol.49

食べて、遊んで、ベンチやテーブルで「憩える!」/藍染大通りの「あいそめ市2019春」12日開催

春真っ盛りの今は、「つつじまつり」で賑わう根津神社。その表参道である藍染大通りは、毎週日曜、歩行者天国となり、子どもたちの遊び場として賑わっている。9月の根津神社例大祭を始め...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2019年05月号 vol.46

学生4人が運営する古民家レンタルスペース!/根津2丁目の「ねづくりや」

根津に、4人の学生さんが住む古民家シェアハウスで、ギャラリーやイベントスペースとしても使える「ねづくりや」ができた。「まちライブラリー」のひとつにもなっていて、毎週金曜日に「...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2019年05月号 vol.46

面白いヒト・コトを集め新たな創造を/コワーキングスペース我楽田長屋、入居者募集中

地域から新たに「面白い価値」と「ファンづくり」をプロデュースしてきた我楽田工房(文京区関口1丁目)では、隣接するコワーキングスペース「我楽田長屋」の入居者を募集中だ。多才なス...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年05月号 vol.46

区議選、誰に投票する? 区民有志が現職区議と挑戦者のアンケートを公開、読み解きイベントを7日に

4年に1度の統一地方選挙。文京区では区長選と区議選が21日に行われる。でも誰に投票しよう、情報がない、とお困りの方へ、お助けサイトが登場した。区民有志による「みらくるネット(...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年04月号 vol.45

ただいま出張中!千駄木旧安田邸のおひなさま

文京区千駄木5丁目にある旧安田楠雄邸庭園は、大正8年に藤田好三郎によって建てられ、同12年に安田財閥の創始者、安田善次郎の娘婿の善四郎が購入、以降、安田家の人々が長年にわたっ...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2019年04月号 vol.45

文京区初のクラフトビール誕生!ビールでまちづくりをめざす「カンパイ!ブルーイング」

文京区で醸造される文京区初のクラフトビール(地ビール)がまもなく誕生する(税法上は発泡酒区分)。満開の桜で桃色に染まる神田川のほとり。木の壁が目を引く細い3階建ての建物がビー...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年04月号 vol.45

文京区内のお花見スポットを一挙紹介!

文京区内のお花見スポットを特集します。区内全域の網羅はできませんが、JIBUN特派員が穴場を含め紹介します。(写真は過去のものです)◆播磨坂まずは文京花の五大まつりの一つ、文...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年03月号 vol.44

歴史ある占春園の池をきれいに/親子参加のかいぼりイベントで再生

「捕まえた! でっけ~」。自分の身体の半分ぐらいありそうな巨大なコイを抱えた小学生が、泥だらけになりながら得意気な笑顔を見せる。  「あ、カメがいた」「ミシシッピアカミミガメ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年03月号 vol.44

ご近所で夕飯シェア「隣で晩ごはん」を試行/慶応大大学院生ママが研究開発中

保育園に子どもを迎えに行った帰り道にご近所で晩ごはんを食べられたら。そこに多世代が集って楽しく会話できたら――そんなことを考え、文京区在住の佐竹麗さんが、「隣で晩ごはん」とい...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年02月号 vol.43

「くみぐま」で全国各地の魅力的な活動をつなげよう!我楽田工房がクラウドで資金集め

「百年後も愛される、面白い価値をつくる」という理念を掲げ、コミュニティスペースの運営や、若者と地域をつなぐ地域交流事業など、地域を応援する仕事をしてきた「我楽田工房」が12月...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年12月号 vol.41

「普通においしいパン」のある日常を/食パン専門店「ル・ミトロン・食パン」オープン

おや、なんの行列だろう?千川通りにあるダイエー小石川店の向かい、柳町仲通り商店会の路地を歩いていたら、なんと、時計屋さんがパン屋さんになっていた!看板が出ている。「10:00...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年12月号 vol.41

【Ibasho(居場所)にはI(愛)がある】/千駄木の谷根千記憶の蔵で「ながやがや!」スタート

千駄木の蔵で11月から隔週水曜日、子育て中のお母さんたちの居場所「ながやがや!」が始まった。開設したのは千駄木在住の安達睦さん。悩み事や困り事を共有し、イベント化して解決する...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2018年12月号 vol.41

伝通院隣にゾンビが!!一風変わった避難所運営訓練実施

ゾンビだ! 逃げろ! 「きゃ~」。一目散に逃げる子どもたち。どうしてよいかわからず立ちすくむ子どもたち。よく晴れた秋の日曜日、伝通院隣にある表町広場にゾンビが何体も現れた。遊...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年11月号 vol.40

バックナンバー(もっと見る)

2019年10月号 vol.51

暑さ寒さも彼岸まで、のはずが、10月に入っても気温が高い日が続いています。...

2019年09月号 vol.50

おかげさまでJIBUNマガジンも創刊4年、50号を迎えました。読み手も書き...

2019年08月号 vol.49

灼熱の夏です。日中「危険」な暑さが続いています。暑さ指数が31「危険」を超...