JIBUNマガジン 文京区

2023年12月号 vol.101

「世界最大級の花」ショクダイオオコンニャク小石川植物園で13年ぶり開花

2023年12月16日 01:15 by Takako-Oikawa
2023年12月16日 01:15 by Takako-Oikawa

インドネシア・スマトラ島原産で、世界最大級の花を咲かせると言われるショクダイオオコンニャクが、2023年12月8日、小石川植物園の温室で13年ぶりに開花した。花は2日間しか咲かないとされ、9日、10日は土日だったこともあり、3日間で1万人もの人が観覧に訪れたという。(写真は3日目の10日撮影、花はもうしぼんでいる)

根本から付属体と呼ばれる先端部まで213センチ。付属体がろうそくのように、開いた花は燭台(しょくだい)のようにみえることが名前の由来のようだ。その名の通り、コンニャクの仲間なので、コンニャク芋から葉っぱが生えて茂る時期があり、花芽が出ることがあるが、いつどのタイミングで花芽が出て花が咲くのかは予測できないという。成長の記録は小石川植物園の開花情報を参照。

絶滅危惧種で世界的にも珍しいが、国内では近年、あちこちで開花情報がもたらされている。東京都立神代植物園で2022年12月に、国立科学博物館筑波実験植物園では2023年5月、名古屋市の東山動植物園でも2023年7月に開花。国立科学博物館筑波実験植物園のショクダイオオコンニャクは赤い実がたくさん実ったようで、「コンニャク日記」に詳しく書かれている。小石川植物園でも一部展示されていた。

小石川植物園のショクダイオオコンニャクでも結実が見られるかもしれず、しばらく目が離せない。(敬)

関連記事

クラフトビール巡り⑦本郷菊坂町かもす/手作りビール店をまちの豆腐屋さんみたいにあちこちに

2024年02月号 vol.103

夜の小石川後楽園きらびやか。里神楽や狂言も愉快に/夜間特別開園、21日まで

2024年01月号 vol.102

根岸~三ノ輪、歩けばいつものまちが見知らぬまちに/2024七福神巡り①「下谷七福神」

2024年01月号 vol.102

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2024年02月号 vol.103

節分の豆まきは今年は4年ぶりというところが多かったようです。節分、立春といえど…

2024年01月号 vol.102

2024年が明けました。今年もよろしくお願いします。クリスマスもお正月も終わっ…

2023年11月号 vol.100

おかげさまでJIBUNマガジン100号となりました。特集など企画する余裕のない…