JIBUNマガジン 文京区

2023年12月号 vol.101

記事タイトル一覧

「世界最大級の花」ショクダイオオコンニャク小石川植物園で13年ぶり開花

記事テーマ:まち

インドネシア・スマトラ島原産で、世界最大級の花を咲かせると言われるショクダイオオコンニャクが、2023年12月8日、小石川植物園の温室で13年ぶりに開花した。花は2日間しか咲かないとされ、9日、10日は土日だったこともあり、3日間で1万人もの人が観覧に訪れた…

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

OSAGARI絵本のよりみちにっき/あたたかいプレゼント

記事テーマ:OSAGARI絵本のよりみちにっき

今年は暖冬かなあと油断していたら、ぐっと冷え込んだこの数日。行き交う人の服装やせわしない足取りに年の瀬を感じます。子ども達にとっては、1年で最もわくわくする時期でしょうか。サンタさんにどんなお手紙を書こうか、希望のプレゼントはちゃんと届けてもらえるのか等、わ…

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

陶磁器と山野草を展示販売、千石の住宅街の野趣あふれるギャラリー「千」/きまぐれギャラリー探訪

記事テーマ:まち

半年くらい前、地域のギャラリーの取材先を探していると、知人から、「千石にとてもすてきな陶器のギャラリーがある」と教えてもらった。東洋女子高等学校の先、豊島区との区界に近い住宅街にある。ギャラリーの名前は「ギャラリー千(senn)」。店主は竹澤千恵さん。「千」…

inaba_yoko inaba_yoko

認知症の人もランナーも大人も子どももごちゃまぜ/認知症の人との交流や知識を深めたRUN伴+文京区

記事テーマ:まち

「外は気持ちいいねー」。黄金色に輝くイチョウ並木の下を、車いすのお年寄りと、オレンジのTシャツを着た人の一群がゆっくり歩く。「首が回らなくてね」とお年寄りが言うと、補助者が「え?借金でもしたの?」と返して笑う。ポカポカ陽気だった11月23日、文京区内で開かれ…

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

東京都内の田畑や古民家で「農体験」と「子育て」、居場所づくり/くにたち農園の会の取り組みを見た

記事テーマ:子ども

住宅地が間近に迫る東京都国立市谷保の田畑の一角がNPO法人くにたち農園の会の「くにたちはたけんぼ」だ。屋根とベンチがあるだけの場所で、子どもたちとスタッフが、畑で採れた大根や人参、玉ねぎでみそ汁をつくり、タコライスもつくっていた。立派なピザ窯もある。農体験イ…

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

特選!ご近所 茗荷谷界隈/八戸の広場も設計、INA新建築研究所

記事テーマ:ご近所 茗荷谷界隈

播磨坂を下って千川通りを千石方面へ左折すぐ右手にあるグレーの5階建てのビルが株式会社INA新建築研究所の本社です。先日開催された「小石川植物祭」の協賛企業であり、ボランティアにも11名の社員の方々が登録されていました。常々、散歩の途中、建物には気がついていま…

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

バックナンバー(もっと見る)

2024年02月号 vol.103

節分の豆まきは今年は4年ぶりというところが多かったようです。節分、立春といえど…

2024年01月号 vol.102

2024年が明けました。今年もよろしくお願いします。クリスマスもお正月も終わっ…

2023年11月号 vol.100

おかげさまでJIBUNマガジン100号となりました。特集など企画する余裕のない…