JIBUNマガジン 文京区

2024年05月号 vol.106

「イベント」に関連する記事

自給率をあげる「食材選び」、観光客向け「体験イベント」も/交流・体験space「九条Tokyo」

東京メトロ千代田線「根津駅」を降り、言問通りを台東区方面に。2つ目の路地を右折、元魚善があった建物の2階に、「九条(くじょう)Tokyo」(台東区谷中一丁目)はある。入口の階段に…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2024年04月号 vol.105

ブルーを身につけて東京駅からスカイツリーまで完歩!「自由×モビリティ」テーマに、自閉症や発達障害啓発の「ブルーウォーキング」

4月2日は世界自閉症啓発デー、その日から8日までが発達障害啓発週間なのだそうだ。シンボルカラーのブルーを身につけて、東京駅からスカイツリーまで歩くイベントがあると聞き、参加した。…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2024年04月号 vol.105

特選!ご近所 茗荷谷界隈/3月のイベントピックアップ

拓殖大学さんからご案内をいただきました。3月9日(土)午後6時から7時半までで、少し先になりますが。演奏されるピアノにまつわるお話もご連絡いただきました。続きはこちら。1954年…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2024年02月号 vol.103

自分だけのZINE(冊子)を作って一箱古本市で売ろう!/ワークショップに参加してみた①

最近ひそかに流行しているというZINE(冊子)作りの講座があると聞き、さっそく参加することにした。3年ぶりに開催される「千石ブックメルカード」のプレイベントで、段ボール一箱に売り…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2022年07月号 vol.84

あなたの「〇〇したいわ!」をみんなで話そう/「文京まちたいわフェス2022」

「文京まちたいわ」は「文京区を拠点に活動する人たちが、まちでしたいこと、まちの困りごとを共有し、互いに助け合いながら知恵を出し合って、新しい活動を広げていくためのオープンな繋がり…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2022年02月号 vol.79

まちの可能性をまちの人と掘り起こしてまちに紹介/「まちの教室KLASS」

「食べて綺麗になるRawfood教室」「エキナカ社交ダンス」「昆虫標本教室」「アニョハセヨキッチン」「マイクロドローンを飛ばそう!」「西日暮里エキナカ寄席」……。「まちの教室KL…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2021年03月号 vol.68

もち米をもらってぼたもちを作ろう!企業とコラボ、無料オンラインイベント20日開催

ぼたもちとおはぎって何が違うの?英語でもち米はなんていうの?――そんな疑問を解説してもらいながら、おうちでぼたもちを作るオンラインイベント「BOTAMOCHI」が20日午後1時半…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2021年03月号 vol.68

ゲームで研修、体験型学習、交流イベントも/文京区小石川の遭遇設計

「やること多すぎだけど分担できない」「もやもやカード」をひくと、こんな文言が出てきた。さあ、あなたならどんなアドバイスをする?東京大学医学部川上研究室と株式会社遭遇設計が作ったカ…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年02月号 vol.55

本をめぐるまち歩きで出会いを/千石ブックメルカード(一箱古本市)

「これが筋肉、これが背骨。だしを取るのにいいのは筋肉。おいしいよ。食べてみる?」「ううん」千石駅にほど近い「文京子育て不動産」の前で、子どもたちが熱心に小さな干し魚を解体しては絵…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年11月号 vol.52

10月のイベント紹介

イベントを一覧で紹介しようとまとめてみたが、季節はずれの台風のせいで、12、13日開催予定だった根津界隈の「下町まつり」は中止がすでに決まった。秋はイベントが目白押しなのに、残念…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年10月号 vol.51

つなぐ、広げる、続ける。文京区の情報発信について語り合った「文京区でまってる!」

毎回テーマを決め、文京区ゆかりのゲストの話と、おいしい食べ物と、交流が楽しめる「文京区でまってる!」が10回目を迎えた。これまでアートや選挙や居場所づくりなど様々なテーマを取り上…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年07月号 vol.48

人と地域をつなぐ拠点、全国の地域とつながるコミュニティスペース「我楽田工房」

我楽田工房は、「いまを面白く みらいを創る」を合言葉に、ボノ株式会社の横山貴敏さんが立ち上げた「地域をつなぐ拠点。ファンをつくり、ファンと共につくる場所」。江戸川橋から早稲田方面…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年07月号 vol.48

知って乗ってまちを元気に/B-ぐる友の会

ビーグル犬のキャラクターが描かれ、子どもたちには「ワンワンバス」と親しまれている文京区のコミュニティバス「B-ぐる(ビーグル)」。このバスには、神出鬼没な専属の応援部隊がある。そ…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年06月号 vol.47

面白いヒト・コトを集め新たな創造を/コワーキングスペース我楽田長屋、入居者募集中

地域から新たに「面白い価値」と「ファンづくり」をプロデュースしてきた我楽田工房(文京区関口1丁目)では、隣接するコワーキングスペース「我楽田長屋」の入居者を募集中だ。多才なスキル…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年05月号 vol.46

スキル高いママたちの団体、家族向けのイベントを企画開催

セレクトフリマ、マジカルフォト、ミニ縁日・・・イベントプロデュースや出店などを手がけるママたちによるフェスタ「第1回ファミリーメルカート」が2018年12月、文京区本郷で開かれた…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年1月号 vol.42

バックナンバー(もっと見る)

2024年04月号 vol.105

春がしばらく足踏みし、桜の開花が少し遅れたと思ったら一気に暖かくなり、ツツジも…

2024年03月号 vol.104

季節は行ったり来たり。今春の桜の開花は早いと思ったら、寒さがぶり返して先延ばし…

2024年02月号 vol.103

節分の豆まきは今年は4年ぶりというところが多かったようです。節分、立春といえど…