JIBUNマガジン

2019年12月号 vol.53

まち

面影橋をさまよった先に悲劇が・・・

"面影橋"という橋がある。目白台から続く鎌倉街道とされる古い街道沿いにあり、神田川を跨いで豊島区と新宿区を結んでいる橋だ。面影、非常にノスタルジックな何かを感じる名前である。...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa

文京区の公衆便所巡りをしてみた/「猫又橋際」?不思議な建物からスタート!

護国寺から不忍通りを上野方面に向かい上ったり下ったりして、千石三丁目のバス停の先に、歩道の脇に数本の立派なクスノキが植えられた緑地がある。その不思議な建物はクスノキの隣にある...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko

他の号の記事

「うちに来ればみそ汁あるよ」。豆腐店併設の子どもの居場所「しゅうちゃんち」

「うちに来ればみそ汁あるよ」。毎日開いていてふらりと行ける。そんな場所をめざして、小日向3丁目の小林久間吉(くまくち)豆腐店の4代目、小林秀一さんが店の裏手に「しゅうちゃんち...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年03月号 vol.56

親子ひろば「さきちゃんちpetit」小石川植物園前に26日オープン

こどもと親子のひろばとして5年ほど地域の有志がボランティアで開いてきた「さきちゃんち」が3月末で閉まり、徒歩5分ほど離れた小石川植物園前に引っ越しし、「さきちゃんちpetit...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年03月号 vol.56

モノや地域の価値高めたい/ご近所のシェアスペースUpcycle Salon(アップサイクルサロン)白山倉庫

小石川植物園にほど近い白山2丁目、住民しか通らないであろう小道の突き当りに、いかにも古そうな2階建ての建物が現れた。 左わきの急な階段を上がると、古めかしい下駄箱。これは目白...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年03月号 vol.56

天神様で梅を見て牛に願いを/湯島天神と牛天神で梅まつり

湯島天神では3月8日まで梅まつりが開かれている。梅は今がちょうど見ごろだ。境内には約300本あり、8割が白梅。紅梅もアクセントになってきれいだ。樹齢は70年~80年が中心だと...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年02月号 vol.55

小学生→高校生制作の映画「えがおいろのあかり」完成/放課後の時間、地域や企業とコラボしながら制作

放課後NPOアフタースクールが企画した「物語で想いを伝えるプロジェクト 千駄木act」で高校生たちが制作に取り組んだショートフィルム「えがおいろのあかり」が完成し、青少年によ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年02月号 vol.55

江戸で最も古い谷中七福神を巡った/人望、正直、大量、長寿、威光、富財、愛敬のご利益いかに

思い立って谷中七福神巡りをしてみた。文京区には小石川七福神がある(過去記事参照)。谷中七福神は文京区の縁、北区、荒川区、台東区にあり、小石川七福神より歩く距離は長そうだ。田端...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年1月号 vol.54

子連れで茶道はいかが/「ママまっ茶」でホッと一息

「手をぐーにして親指に力を入れて」 「掛け軸を拝見した後は、扇子をお花の方へ向けて、お花を拝見しましょう」 にじりのやり方、入室後の作法など、一つひとつ説明を受けながら、ママ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年1月号 vol.54

演じることで心をひらく/専門職による演劇ワークショップに参加してみた

「弓矢太郎。はっはっは」。腹の底から声を出してみる。なんだか声音もいつもと違う自分のように思える。 心理の専門家による演劇ワークショップが文京区内で開かれていると聞き、参加し...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年1月号 vol.54

音楽も食も伝統文化も読み聞かせも/楽しさいろいろ第1回文京えほんパークレット

マンボ講座、バイオリン演奏、ピザづくり、万華鏡づくり、華道や茶道の体験に野菜丸かじり・・・一体なんのイベントかと思わせる。チャリティ古本市あり、世界の絵本の展示あり、外国の言...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年11月号 vol.52

千駄木の未来を子どもたちが映像で表現/小学生から高校生へ、NPOアフタースクールが企画

「物語は不連続なほどおもしろい」 と、映画づくりの巨匠が言ったらしい。「めちゃくちゃなものを1つにつなぐとドラマティックなものにできるよ」と、映像制作会社イグジットフィルム代...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年11月号 vol.52

本をめぐるまち歩きで出会いを/千石ブックメルカード(一箱古本市)

「これが筋肉、これが背骨。だしを取るのにいいのは筋肉。おいしいよ。食べてみる?」「ううん」千石駅にほど近い「文京子育て不動産」の前で、子どもたちが熱心に小さな干し魚を解体して...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年11月号 vol.52

始まったよ! 芸工展2019/事前作業も大事な「居場所」

「芸工展2019」。スタート半月前の9月15日(日)、マップが受け取れるというので、谷中2丁目「あかじ坂」にある「ギャラリーTEN」を訪れた。中に入ると10人ほどのスタッフや...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2019年10月号 vol.51

意外に進化していた!文京区のコインランドリー事情

私事で恐縮ですが……、洗濯機が壊れました。洗濯機を購入したのは約15年前、天命なのは間違いないでしょう。むしろここまでよく頑張ってくれたと労いたい気持ちでいっぱいです。 さて...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年10月号 vol.51

あなたが主役!身近な地域でワクワクドキドキ学びあい/「東京山の上市民大学」始動

羽の模様も精巧なチョウチョ型のトレーシングペーパーを手のひらに乗せてみる。すると・・・羽が動いて丸まった。まるでチョウが飛び立とうとしているように! 「紙と対話しているみたい...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年10月号 vol.51

大塚と名前がつくのに大塚にはない四谷大塚の謎

突然ですが、問題です。次の単語に共通することは何でしょう。東京デイズニーランド、東京ドイツ村、東京国際大学、東京歯科大学。答えはいずれも「東京」とは名前がついているものの、東...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年09月号 vol.50

文京区初のクラフトビールを飲んでみた!/ブリューイングパブ「クラフトビール グランズー」

4月のJIBUNマガジンで、桜で桃色に染まる神田川のほとりの3階建てのビール醸造所にて、文京初のクラフトビールで「まちづくり」をめざす「カンパイ!ブルーイング」の荒井祥郎さん...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2019年09月号 vol.50

遊びでまちを元気に/プレイワーカー・関戸博樹さんに聞く

長い工事を経て、本駒込6丁目の六義公園がこのほど改装オープンした。大小の遊具や芝生広場、ジャブジャブ池もでき、大勢の親子でにぎわう。その一角に、竹とんぼやコマなどの昔遊び、手...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年09月号 vol.50

夏の夜は花火で

ぱちぱちぱちぱち、バチバチバチッ!シュー、ぱらぱらぱらぱらヒュー・・・・・ドーン「キャー、きれいーっ!」「わー、すげーすげーすげー」。隣や後ろで歓声があがる。夏の夜の花火に心...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年08月号 vol.49

木の精を感じるチョコレート店「DRYADES(ドリュアデス)」が西片に/福井発の木製デザイン雑貨店Hacoaが初の試み

木型を使って作った木の葉の板チョコ、薪のようなトリュフ。木を感じさせるこだわりのチョコレート店「DRYADES(ドリュアデス)」が文京区西片に2019年1月にオープンした。福...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年06月号 vol.47

知って乗ってまちを元気に/B-ぐる友の会

ビーグル犬のキャラクターが描かれ、子どもたちには「ワンワンバス」と親しまれている文京区のコミュニティバス「B-ぐる(ビーグル)」。このバスには、神出鬼没な専属の応援部隊がある...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年06月号 vol.47

バックナンバー(もっと見る)

2020年03月号 vol.56

桜が開花しました。観測史上最も早いそうです。文京区の桜の名所、播磨坂でも、...

2020年02月号 vol.55

今月は4年に1度2月「29日」がある「うるう年」。いつもの年より1日多いの...

2020年1月号 vol.54

2020年も半月過ぎてしまいました。お正月気分は抜けてしまったでしょうか。...