JIBUNマガジン 文京区

2019年12月号 vol.53

Wの育児日記

Wの育児日記①「こどもがほしい」。妻の涙がスタートライン

はじめまして。僕は男児を育てる父です。こちらのサイトで育児日記を書いてみないかとお話をいただきました。少しだけ考えました。僕の育児にまつわる話なんて読んでみたい人がいるのだろうか…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa

他の号の記事

Wの育児日記④一刻の猶予もない現実

不妊治療の教室に行くことになりました。今後の具体的な病院での治療方法、成功率に関するものでした。基本的には夫婦で参加が必須要件でした。私が参加した際には概ね10組くらいでした。私…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年03月号 vol.56

Wの育児日記③どの病院がいいのだろうか?

「どの病院がいいのだろうか」妻と二人で行った不妊治療の病院から帰宅直後に話しました。人に聞くこともできないし、探す術もありません。インターネットで「不妊治療」「病院」と入れるとず…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年02月号 vol.55

Wの育児日記②「することしなきゃ、できないよ」。不妊治療の医師が言った

こどもを授かることを意識してから数週間後のことだったと思います。妻から携帯にメールが来ました。「今度、この病院に一緒に来てほしいのだけれど、いつがいい?」不妊治療の病院でした。イ…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年1月号 vol.54

バックナンバー(もっと見る)

2024年05月号 vol.106

緑萌える季節に、残念なお知らせです。ウェブマガジン発行サービスが5月いっぱいで…

2024年04月号 vol.105

春がしばらく足踏みし、桜の開花が少し遅れたと思ったら一気に暖かくなり、ツツジも…

2024年03月号 vol.104

季節は行ったり来たり。今春の桜の開花は早いと思ったら、寒さがぶり返して先延ばし…