JIBUNマガジン

2020年08月号 vol.61

まち

本郷のビルに東京の木をはろう/文京区木質化プロジェクト第一弾

文京区を木材であふれるまちにしよう――そんなコンセプトを掲げ、本郷3丁目のカフェの壁や外装に東京産の木材をはるDIYワークショップが7月にあった。企画したのは東京山の上大学「...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa

狸が出る?通称「狸山公園」の「駒込林町公園」

公園とひとくちに言ってもいろいろな種類がある。児童遊園は遊ぶことを目的として造られたものであるが、公園と呼ばれる場所は、体や心を休める人々の憩いを目的に造られたもの、だからと...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko

他の号の記事

ちいさい春を見つける散歩/谷中~上野、小石川~春日

諏訪台を抜けて上野公園へサトウハチローが自宅のハゼノキにちいさい秋をみつけたように、一軒家や小さいアパートの桜を見つけようと歩いた。でも桜は毛虫がたかることで知られていて、こ...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2021年03月号 vol.68

まちの可能性をまちの人と掘り起こしてまちに紹介/「まちの教室KLASS」

「食べて綺麗になるRaw food教室」「エキナカ社交ダンス」「昆虫標本教室」「アニョハセヨキッチン」「マイクロドローンを飛ばそう!」「西日暮里エキナカ寄席」……。「まちの教...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2021年03月号 vol.68

まちのいろんな人と共に。ilonaおやこの縁側

荒川区町屋4丁目の路地の奥に「ilonaおやこの縁側」はある。一軒家の一階だ。門をくぐると、正面に手作りの木の縁側が二つ、一つはイベントスペースとして使える大きなもので、飯能...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2021年02月号 vol.67

築120年近い土蔵が見守る井上公園/井上哲次郎宅跡として東京都史跡にも

小石川3丁目のダイエー裏、善光寺坂を登らず右奥の坂を上がった住宅街の一角に、ひっそりと井上公園(小石川3-20)はある。この通りはPDC(プロフェッショナルダンスセンター)や...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2021年01月号 vol.66

指ケ谷はさすがやなのになぜさしがやの怪

学芸会や発表会で指ケ谷小学校の児童が出演すると、「さすがや小学校、さすがやー」とダジャレを飛ばすのが定番だとか。そう。指ケ谷は「さすがや」と読む。町会も指ケ谷(さすがや)町会...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2021年01月号 vol.66

新しい「雑司が谷公園」で再スタート/「ぞうしがやプレーパーク」

雑司が谷公園で、「ぞうしがやプレーパーク」が、2020年9月に始まった。雑司が谷公園が4月にオープンすると同時に、ぞうしがやプレーパークも新しい公園を拠点とし、新たな幕開けを...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2020年12月号 vol.65

田畑のある一軒家を改装しオープンスペースに/目白台のちんじゅの森サロンほぐほぐ

目白台の住宅街の合間にひっそりとたたずむ一軒家。畑と小さな田んぼもある。文京区内の田んぼは後楽園にしかないと思っていたけれど、ここにもあった。ちんじゅの森サロン「ほぐほぐ」。...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年11月号 vol.64

天神様で菊まつり、今年は縮小開催/湯島天神、牛天神北野神社

秋も深まり、菊のシーズン。例年は各地で丹精込めて作られた菊の展示やイベントでにぎわう菊まつりが開かれるが、多くは中止や縮小開催となっている。文京花の五大まつりの一つ、湯島天神...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年11月号 vol.64

ハロウィンの日、HONGO22515が木質化で生まれ変わった

10月31日、ハロウィンのこの日、"HONGO22515"ーー壱岐坂上の手前を左に入った裏道にあるコミュニティスペース。一部の界隈では"タケガタハウス"の名前で知られている―...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年11月号 vol.64

リンゴがぎっしり。谷根千スイーツ新名物、食べ歩きができるアップルパイ「APPLE POCKETS」

不忍通り沿い、千駄木駅より徒歩2分のところに、7月23日、アップルパイを売るお店がオープンした。店名は、「APPLEPOCKETS」。小さな可愛い店のガラス戸を入ると、一つず...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2020年10月号 vol.63

元お米屋さんが地域の居場所に/昭和の色濃い「こびなたぼっこ※」

「三河屋酒店」の隣に、「茗荷谷米穀販売所」という看板が掲げられた建物。まるでサザエさんの世界に紛れ込んだような昭和的たたずまいだ。ガラスの引き戸を開けると、焦げ茶色の古い木材...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年10月号 vol.63

空き店舗改修で地域に居場所/町会や企業と共に「氷川下つゆくさ荘」

千川通り、東京健生病院の向かいに、多世代の居場所「氷川下つゆくさ荘(千石3-3-7)」が誕生した。看板の骨組みがそのままだし、2階は「平和荘」というアパートだし、見るからに、...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年10月号 vol.63

都心の庭園に雲海が!?/ホテル椿山荘東京で「東京雲海」企画開始

まるで雲の上にいるみたい。文京区関口のホテル椿山荘東京の緑豊かで起伏のある庭園が霧に包まれる。夜は千の光があちこちに輝き、三重塔や木々が浮かび上がる幻想的な風景に。「東京雲海...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年10月号 vol.63

築90年、緑と歴史濃き震災復興の礎、元町公園

JR水道橋駅から御茶ノ水駅へと延びる外堀通りのお茶の水坂、神田川を眼下に望む場所に、元町公園はある。本郷1丁目1番地。正面階段を上ると、突き当りはアーチ模様の壁泉。いま水はな...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年09月号 vol.62

新型コロナのまちウオッチ(「新しい生活様式」編)

東京では連日100人超、200人超の感染者が出ている。「夜の街」「20~30代」「劇場」「クラスター」といったワードも連日耳に入る。でも、自粛生活には戻れない、というのが多く...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年07月号 vol.60

「魔の坂」、いや「間の坂」を上がると緑濃き西日暮里公園へ

JR西日暮里駅近くの「西日暮里公園」。駅に隣接というか駅の上方にあるというか。飛鳥山から上野へ続く台地を道灌山通りが切り通す形になっていて、公園はその切通の際、台地の上にある...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2020年07月号 vol.60

鳥がさえずり、かっぱも出没!?由緒正しき須藤公園

千駄木は、まちの名前の通り、木がいっぱいの地域だ。旧町名は、駒込林町。当時、千駄木町はもう少し東までで、町名変更の時、千駄木に含まれるようになった。林町だから、千駄木町より少...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2020年07月号 vol.60

新型コロナのまちウオッチ(公園編)はなれてあそぼう・・

グルグル巻きに縛られていた公園の遊具たちが、ようやく縄を解かれた。子どもたちが公園にもどってきた。喜ばしいことだ。しかし、今度はこんな掲示が。「はなれてあそぼう。2メートル」...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年06月号 vol.59

緊急事態宣言明け、昨夏リニューアルの六義公園をのぞいてみた

本駒込六丁目に、都立文化財9庭園の一つ、「六義園」がある。五代将軍・徳川綱吉の時代に、川越藩主・柳澤吉保が元禄15(1702)年に和歌の趣味を基調に築園した大名庭園で、園内に...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2020年06月号 vol.59

目白台図書館で【図書消毒機】を試してみた!

音羽通りから目白台の坂の上にある「目白台図書館」。たぶん、護国寺周辺に住んでいる人にとって、もっとも近い場所にある図書館ではないでしょうか。実は先日、久しぶりに目白台図書館に...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年06月号 vol.59

バックナンバー(もっと見る)

2021年03月号 vol.68

コロナの話題には飽き飽き。外出自粛もイベント中止も慣れっこ。やれやれの気分...

2021年02月号 vol.67

桜の名所、小石川の播磨坂にある河津桜がもうすぐ満開になりそうです。早咲きで...

2021年01月号 vol.66

あっという間にお正月が終わり、1月8日に緊急事態宣言の発令と、2021年も...