JIBUNマガジン 文京区

2017年07月号 vol.24

【イベント予告】13~16日、シビックセンター1階で「歓迎!本郷旅館街-100軒のおもてなしがつくったまち-」展

2017年07月03日 09:13 by Takako-Oikawa
2017年07月03日 09:13 by Takako-Oikawa

かつて、文京区本郷には100軒を超える旅館がひしめき合っていたという。

残念ながら、いまは数えるほどしか残っていない。本郷旅館ホテル組合に加盟しているのはわずか5軒だ。

しかし、今の時代ならではの本郷旅館街の魅力を再発見してもらおうと、「文京区の魅力を「発掘」「発信」し、また「新たに作り出す」集団。」である文京建築会ユースが7月13日(木)から16日(日)まで、文京シビックセンター1階のギャラリーシビックで、「歓迎!本郷旅館街-100軒のおもてなしがつくったまち-」展を開く。

本郷旅館街の先駆けとなったのは、岐阜から上京した種田朝太郎が創業した「朝陽館」だったそうだ。昨年、惜しまれつつ閉館した。今は取り壊されてマンションが建設されている。

在りし日の姿は文京建築会ユースがレポートしている。

本郷の老舗旅館「朝陽館」3月閉館レポート①

本郷の老舗旅館「朝陽館」3月閉館レポート②

展示では朝陽館の記録や、使用されていた道具などを紹介。現役でがんばっている「鳳明館」も紹介する。

 

消えゆく本郷旅館街の面影をしのび、新たな楽しみ方を発見するために、足を運んでみてはいかが。


関連記事

ブルーを身につけて東京駅からスカイツリーまで完歩!「自由×モビリティ」テーマに、自閉症や発達障害啓発の「ブルーウォーキング」

2024年04月号 vol.105

ありのまま、その人らしく。小さい子も、障がいのある人も、お年寄りと共に/「52間の縁側のいしいさん家」を見てきた

2024年03月号 vol.104

練馬でイチゴ狩り!ジェラートもお豆腐も/江戸時代から農地を守り続けるみやもとファーム

2024年03月号 vol.104

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2024年04月号 vol.105

春がしばらく足踏みし、桜の開花が少し遅れたと思ったら一気に暖かくなり、ツツジも…

2024年03月号 vol.104

季節は行ったり来たり。今春の桜の開花は早いと思ったら、寒さがぶり返して先延ばし…

2024年02月号 vol.103

節分の豆まきは今年は4年ぶりというところが多かったようです。節分、立春といえど…