JIBUNマガジン 文京区

2017年07月号 vol.24

特選!ご近所 茗荷谷界隈㉒「大塚」地名の発祥は茗荷谷界隈

2017年07月03日 01:56 by Takako-Oikawa
2017年07月03日 01:56 by Takako-Oikawa
 
 
「大塚」の発祥の地はこの界隈にあります。

目白駅から田端方面にまっすぐ線路を建設しようとしていた山手線。目白の次の駅を「大塚」として、場所は今の新大塚のあたりに決めていたそうです。ところが雑司が谷周辺の住民の反対運動などもあって結局は池袋を回ることになって当時住所は「巣鴨」だった現在の大塚駅の場所に決まったそうです。 
 
 
場所が変われば駅名も変えるべきところを「大塚」の名前がそのまま使われてしまったことが今私たちが困惑する原因だったのですね。

「なぜ茗荷谷界隈に大塚発祥の地が?」と思ってしまいますが、本来はこのあたりが「大塚」なのです。 巣鴨警察署が大塚駅の近くにあって(昔の住所は巣鴨でしたから)大塚警察署がこの界隈にある理由もわかります。
 
続きはこちら

関連記事

花よりスイーツ?「クッキーと桜めぐり」5年ぶりに開催/茗荷谷界隈プロジェクト

2024年03月号 vol.104

特選!ご近所 茗荷谷界隈/3月のイベントピックアップ

2024年02月号 vol.103

特選!ご近所 茗荷谷界隈/陶磁器を金継ぎする修理工房六屋(ろくや)

2024年01月号 vol.102

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2024年04月号 vol.105

春がしばらく足踏みし、桜の開花が少し遅れたと思ったら一気に暖かくなり、ツツジも…

2024年03月号 vol.104

季節は行ったり来たり。今春の桜の開花は早いと思ったら、寒さがぶり返して先延ばし…

2024年02月号 vol.103

節分の豆まきは今年は4年ぶりというところが多かったようです。節分、立春といえど…