JIBUNマガジン

2017年07月号 vol.24

特選!ご近所 茗荷谷界隈㉒「大塚」地名の発祥は茗荷谷界隈

2017年07月03日 01:56 by Takako-Oikawa
 
 
「大塚」の発祥の地はこの界隈にあります。

目白駅から田端方面にまっすぐ線路を建設しようとしていた山手線。目白の次の駅を「大塚」として、場所は今の新大塚のあたりに決めていたそうです。ところが雑司が谷周辺の住民の反対運動などもあって結局は池袋を回ることになって当時住所は「巣鴨」だった現在の大塚駅の場所に決まったそうです。 
 
 
場所が変われば駅名も変えるべきところを「大塚」の名前がそのまま使われてしまったことが今私たちが困惑する原因だったのですね。

「なぜ茗荷谷界隈に大塚発祥の地が?」と思ってしまいますが、本来はこのあたりが「大塚」なのです。 巣鴨警察署が大塚駅の近くにあって(昔の住所は巣鴨でしたから)大塚警察署がこの界隈にある理由もわかります。
 
続きはこちら

関連記事

特選!ご近所 茗荷谷界隈/子どもの目線でスペースも品ぞろえも「こどもの本屋 てんしん書房」

2017年11月号 vol.28

特選!ご近所 茗荷谷界隈/お茶の水女子大の正門刷新!

2017年10月号 vol.27

特選!ご近所 茗荷谷界隈㉑播磨坂が「フランス化」?Café Gare de Lyon(リヨン駅)

2017年09月号 vol.26

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年11月号 vol.28

土地や場所に制約があっても、人がいれば、可能性は広がります。 人と人のつな...

2017年10月号 vol.27

芸術の秋。10月は谷根千地区で恒例の「芸工展」が開かれています。まちじゅう...

2017年09月号 vol.26

夏らしい日が少ないまま夏が過ぎ、日差しも秋めいてきました。 秋はお祭りシー...