JIBUNマガジン

2017年07月号 vol.24

ご近所 茗荷谷界隈

特選!ご近所 茗荷谷界隈㉒「大塚」地名の発祥は茗荷谷界隈

「大塚」の発祥の地はこの界隈にあります。 目白駅から田端方面にまっすぐ線路を建設しようとしていた山手線。目白の次の駅を「大塚」として、場所は今の新大塚のあたりに決めていたそ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa

他の号の記事

特選!ご近所 茗荷谷界隈/子どもの目線でスペースも品ぞろえも「こどもの本屋 てんしん書房」

春日通りから湯立坂を降り切った信号の角にオープンしたのが「こどもの本屋 てんしん書房」。店主は神戸出身の中藤(なかふじ)さん。この界隈では4年前からの住人です。中藤さんは育っ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年11月号 vol.28

特選!ご近所 茗荷谷界隈/お茶の水女子大の正門刷新!

さる9月7日(木)に正門復元工事完成の式典が開催されました。その時の様子が お茶の水女子大のサイトに掲載されています。お茶の水女子大学の前身は1875年(明治8年)創立の「東...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年10月号 vol.27

特選!ご近所 茗荷谷界隈㉑播磨坂が「フランス化」?Café Gare de Lyon(リヨン駅)

春日通りから播磨坂を下って右側2本目の角にある明るい緑のカフェがこの3月末にオープンした「Cafe Gare de Lyon(リヨン駅)」です。お隣には「コンコルド広場」と言...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年09月号 vol.26

特選!ご近所茗荷谷界隈⑳いまや茗荷谷の顔に?茗荷谷インフォメーション

茗荷谷インフォメーション(M Info)は実用ライフサポート有限会社(代表取締役:中村哲也)の支援により2016年11月7日に開設されました。茗荷谷駅改札口を出て30秒。左手...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年08月号 vol.25

特選!ご近所 茗荷谷界隈㉑ソース二度付け禁止!大阪名物が文京区上陸!「串カツ田中」

大阪出張の楽しみは新大阪駅構内の「大阪のれんめぐり」。 道頓堀「今井」の「きつねうどん」か「親子丼」、あるいはミニのうどんと丼のセットで両方を賞味。お腹を満たした後にお土産は...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年06月号 vol.23

ご近所 茗荷谷界隈特別編/ネット時代に生きる~賢い利用者になろう~寄稿・稲富滋

人類の知恵と知識がいっぱいつまっているのがインターネットの世界です。これをうまく使わない手はありませんね。 普段ネットをどのように使っていますか? あまり意識していないかも...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年04月号 vol.21

特選!ご近所 茗荷谷界隈⑳おちょこ一杯から飲める日本酒好きの店/酔処 ちょこや

In Boscoの渡部オーナーシェフから「友人が近くに店を出しました」とご案内をいただき、さっそく出かけました。播磨坂から千川通りを左に折れた最初の角。4月まで「秋田小町」と...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年03月号 vol.20

特選!ご近所 茗荷谷界隈⑲注文生産も修理も、デザインから縫製まで/バッグ工房「アプト」

茗荷谷インフォメーション開設の初日に来ていただいた杉崎さんの工房にうかがいました。アプトのサイトには「丸の内線茗荷谷駅西口を出て、拓殖大学方面へ徒歩約5分」と書いてあります。...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年02月号 vol.19

特選!ご近所 茗荷谷界隈⑱ルーツは南北朝時代にまで?見どころ多い「傳通院鎮守 澤蔵司稲荷」

「子供のころはここから東大の安田講堂や両国の花火が見えたものです」。 10年ほど前まで遊具があった広場で遠田住職は懐かしそうに語ってくれました。遠田住職(月組)は私(雪組)...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年1月号 vol.18

特選!ご近所 茗荷谷界隈⑰窪町東公園に溶け込むカフェパルケ

駅前から湯立坂を下り千川通りの手前、窪町東公園のお向かいに新しいカフェが生まれました。名前は「cafe and factoryPaLuke(パルケ)」。大塚三丁目の cafe...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2016年12月号 vol.17

特選!ご近所 茗荷谷界隈⑯繊細で創意工夫に富んだ”ヌーベルイタリアン・In Bosco(インボスコ)

昨年(2015年)5月末に惜しまれつつ閉店したTipsy’sの後、しばらくそのままになっていた場所に、1月19日(火)新進気鋭のオーナーシェフ渡部敏毅さんのお店In Bosc...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2016年11月号 vol.16

特選!ご近所 茗荷谷界隈⑮型にはまらぬオリジナル中華・豊栄

「街場の中華料理店のメニューはどこも同じようなもの。私はそれを変えたかったのです。」と語るのはオーナーシェフの進藤さん。播磨坂を下って千川通りを左に折れ, 少し行った「酔処 ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2016年10月号 vol.15

特選!ご近所 茗荷谷界隈⑭フィオーナとアリアン誕生秘話

「フィノーナとアリアン像」は、界隈の皆さんのお気に入り。すっかり教育の森公園の一部となっています。上野の西郷さんのように下から仰ぎ見るのではなく、公園の普通のベンチに私たちと...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2016年09月号 vol.14

特選!茗荷谷界隈⑬一中出身の店主、ベトナム留学生支援も/小石川インドシナ

茗荷谷駅裏「Dailyヤマザキ」と「王将」の間の路地の奥に大きな「べトナム国旗」がはためいていることがあって通りかかるたびに何だろうと不思議に思っていました。以前駅前でアオザ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2016年08月号 vol.13

特選!茗荷谷界隈⑫小日向のキリシタン屋敷跡と杉並のサレジオ神学院を結ぶ点と線

日本キリスト教史の大発見!(文京区記者発表)小日向のキリシタン屋敷跡の埋葬者がDNA鑑定の結果、イタリア人宣教師シドッチ神父と特定されました。(2016, 04,04)  成...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2016年07月号 vol.12

特選!茗荷谷界隈⑪漢方や料理とも縁があるお寺さんのプロショップ/香雲堂

大塚三丁目交差点から護国寺方面へ富士見坂を下ると、音羽通りと春日通りの中間あたりに「御香司 香雲堂(こううんどう)」があります。  創業は嘉永元年(1848年)と言いま...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2016年06月号 vol.11

特選!茗荷谷界隈➉第1回クッキーと桜めぐり

「第1回クッキーと桜めぐり」 が2016年4月1日、2日、3日、茗荷谷界隈で開かれました。17カ所の菓子店やカフェ、花店などにご参加いただきました。 レポーターをお願いした中...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2016年05月号 vol.10

特選!ご近所 茗荷谷界隈⑨道ひとすじに古書を仕分ける82歳/文献書院・倉庫兼仕分け場

日差しの心地よい午後など、大塚三丁目交差点から茗荷谷駅方面に向かって春日通り沿いに降りてくると、積み上げた古本の前にどっかと座って、ラジオをかけながら本の整理をしている御仁を...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2016年04月号 vol.9

特選!ご近所 茗荷谷界隈⑧新刊本全点のデータ蓄積/図書館流通センター

茗荷谷駅から春日通りに出て左側前方を見るとすらっとした背の高いチョコレート色のビルが目に入ります。「株式会社 図書館流通センター」の本社ビルです。2013年に完成しました。 ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2016年03月号 vol.8

特選!ご近所 茗荷谷界隈⑦ペルシャ絨毯は文化そのもの/春日通りの「さくら」

春日通りを播磨坂から吹上坂の信号を渡り郵便局の手前にあるのが 「さくら」。ペルシャ絨毯直輸入販売のお店です。  以前、この同じ場所にあまり目立たないカレー屋さんがありましたが...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2016年2月号 vol.7

バックナンバー(もっと見る)

2017年11月号 vol.28

土地や場所に制約があっても、人がいれば、可能性は広がります。 人と人のつな...

2017年10月号 vol.27

芸術の秋。10月は谷根千地区で恒例の「芸工展」が開かれています。まちじゅう...

2017年09月号 vol.26

夏らしい日が少ないまま夏が過ぎ、日差しも秋めいてきました。 秋はお祭りシー...