JIBUNマガジン

2016年06月号 vol.11

【子ども】野球場や運動場が親子の遊び場に/後楽公園と六義公園を週1回開放、「あおぞらすくすく広場」

2016年06月01日 21:42 by Takako-Oikawa
 
 
 普段は予約した団体だけが有料で使うスポーツ施設を無料で開放する「あおぞらすくすく広場」が、文京区の「まるごと子育て応援事業」として、4月から始まった。後楽公園少年野球場(後楽1-6-25)が、年末年始と祝日を除く毎週水曜日9時~13時、六義公園運動場(本駒込6-16-10)が原則毎週金曜日9時~15時、文京区在住・在勤の保護者と未就学児を対象に開放されている。
 
 
水曜日に開放されている後楽公園少年野球場

 都心でマンションが立ち並ぶ文京区において、安全な遊び場が少なくなるなか、公園を有効活用し、子どもの外遊びの機会を提供しようと、区が始めた。園庭のない保育園などの園庭代わりに使うことも想定されている。野球場や運動場は午前中など予約の少ない時間帯があるため、利用実績をもとに、曜日や時間帯を決めて開放することになった。利用は予約の必要がなく、直接会場に行き、初回だけ保護者の身分証などを提示して登録をする。その後は登録証だけで利用できる。土のグラウンドのため、雨や悪天候の日のほか、前日の雨でぬかるんでいるなどの場合は中止になることもある。
 
 
金曜日に開放されている六義公園運動場

 後楽公園少年野球場では、親子で楽しめるスポーツを中心とした遊びのプログラム「親子すくすく広場」が5月から始まった(第1期は募集終了)。第2、4木曜日に、ミズノスポーツサービスの指導員が、子どもたちが運動に興味を持てるようなプログラムを11時から1時間実施している。対象は満3歳以上の未就学児。申し込み制で500円。第2期は9月に開講するが、募集は6月下旬から。6月25日付の区報や区のホームページで告知する。

 詳細は区のホームページで。年間実施予定のカレンダーも掲載されている。問い合わせはスポーツ振興課施設担当(☎03-5803-1850)

関連記事

行動の秋!子育てサロンに行ってみよう!

2018年09月号 vol.38

子ども向け食育プログラム「おいしい!野菜チャレンジ」で楽しく/放課後NPOアフタースクール×カゴメ

2018年09月号 vol.38

【子ども】英語も対話術も場づくりも学べる講座とは!?/NPO法人パパイングリッシュ

2018年03月号 vol.32

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年07月号 vol.48

ゲストのトークと交流の機会を提供するコミュニティー&ミーティング「文京区で...

2019年06月号 vol.47

文京区コミュニティバス「B-ぐる(ビーグル)」は2007年に運行を開始。元...

2019年05月号 vol.46

さわやかな5月。長い連休はいかがお過ごしでしょうか。12日は文京区内のあち...