JIBUNマガジン

2016年06月号 vol.11

【子ども】野球場や運動場が親子の遊び場に/後楽公園と六義公園を週1回開放、「あおぞらすくすく広場」

2016年06月01日 21:42 by Takako-Oikawa
 
 
 普段は予約した団体だけが有料で使うスポーツ施設を無料で開放する「あおぞらすくすく広場」が、文京区の「まるごと子育て応援事業」として、4月から始まった。後楽公園少年野球場(後楽1-6-25)が、年末年始と祝日を除く毎週水曜日9時~13時、六義公園運動場(本駒込6-16-10)が原則毎週金曜日9時~15時、文京区在住・在勤の保護者と未就学児を対象に開放されている。
 
 
水曜日に開放されている後楽公園少年野球場

 都心でマンションが立ち並ぶ文京区において、安全な遊び場が少なくなるなか、公園を有効活用し、子どもの外遊びの機会を提供しようと、区が始めた。園庭のない保育園などの園庭代わりに使うことも想定されている。野球場や運動場は午前中など予約の少ない時間帯があるため、利用実績をもとに、曜日や時間帯を決めて開放することになった。利用は予約の必要がなく、直接会場に行き、初回だけ保護者の身分証などを提示して登録をする。その後は登録証だけで利用できる。土のグラウンドのため、雨や悪天候の日のほか、前日の雨でぬかるんでいるなどの場合は中止になることもある。
 
 
金曜日に開放されている六義公園運動場

 後楽公園少年野球場では、親子で楽しめるスポーツを中心とした遊びのプログラム「親子すくすく広場」が5月から始まった(第1期は募集終了)。第2、4木曜日に、ミズノスポーツサービスの指導員が、子どもたちが運動に興味を持てるようなプログラムを11時から1時間実施している。対象は満3歳以上の未就学児。申し込み制で500円。第2期は9月に開講するが、募集は6月下旬から。6月25日付の区報や区のホームページで告知する。

 詳細は区のホームページで。年間実施予定のカレンダーも掲載されている。問い合わせはスポーツ振興課施設担当(☎03-5803-1850)

関連記事

小学校跡地を住民の手で地域の公園に/新規オープン「雑司が谷公園」の「ひろばくらぶ」

2020年10月号 vol.63

来春入園の申し込みの季節到来。リアル園見学の代わりにオンラインで園見学

2020年09月号 vol.62

数値で測れない力を自由な空間で身につける学童保育/デンマーク式を実践、こどもの森せんだぎ

2020年07月号 vol.60

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年11月号 vol.64

秋も深まる気配です。各地で菊まつりのシーズンですが、今年は多くが中止になっ...

2020年10月号 vol.63

今月は1日が十五夜、29日は十三夜と、お月見月間です。芋、栗、柿、リンゴ、...

2020年09月号 vol.62

朝夕が涼しくなり、ようやく秋めいてきました。世間では相変わらずのコロナ禍。...