JIBUNマガジン

2016年06月号 vol.11

【まち・イベント報告】菓子店など5店が集合、1日だけの「ショップ茗荷谷界隈」開催

2016年05月31日 17:33 by Takako-Oikawa
 
 文京区の教育の森公園で「みんなのフリーマーケット」が開かれた5月21日、公園入口近くのキッチンショールーム「ekreaショールーム」が1日だけ、「ショップ茗荷谷界隈」としてオープンした。4月の「クッキーと桜めぐり」を企画した茗荷谷界隈プロジェクトの主催で、桜めぐりに参加した茗荷谷界隈にある「マールツァイト」「ポルトボヌ-ル」「レシェンシェル」「クネーテン」「tamaya」が一堂に会して出店。フリマの人出もあって、ひっきりなしに客が訪れていた。
 

 企画したのは茗荷谷界隈プロジェクトを主宰する稲富滋さん。昨年はフリマに出店し、今年は菓子類を売れないかと考えたが難しいことがわかったため、Facebookページ「ご近所 茗荷谷界隈」でも取材して書いたekreaショールームの協力を得て、「お店」を出すことに。必要な許可を取って1日限りのショップを開いた。
 

 各店選りすぐりのお菓子やキッシュが並んだだけあって、客の反応は上々。「各店を回るのは大変だから一カ所でいろいろ買えるのはお得」「毎週末やってもらえれば」といった声が聞かれた。稲富さんは「参加各店とも相談して、また機会があればやってみたい」という。

関連記事

表現を止めないで。静かに開催「芸工展2020」㊤

2020年12月号 vol.65

ゆるやかに、静かに。屋外でも開催。「芸工展2020」㊦

2020年12月号 vol.65

コロナ禍の夏、ようやく開催に漕ぎつけたコンサート「とりのうた」

2020年08月号 vol.61

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年01月号 vol.66

あっという間にお正月が終わり、1月8日に緊急事態宣言の発令と、2021年も...

2020年12月号 vol.65

街角はクリスマスツリーやクリスマス飾りでにぎわっています。でも、イベントも...

2020年11月号 vol.64

秋も深まる気配です。各地で菊まつりのシーズンですが、今年は多くが中止になっ...