JIBUNマガジン 文京区

2022年05月号 vol.82

OSAGARI絵本のよりみちにっき/本好きの子 ~我が家の場合~(前編)

2022年05月14日 23:05 by Takako-Oikawa

あっという間に過ぎ去ったゴールデンウィーク。例年通り遠出の予定もない我が家は、絵本屋でお店番をしながら過ごしました。

小2の息子も、茗荷谷の朝マックにつられて朝から元気に出勤。毎朝お店に到着するや否や、開店前の雑然とした店内で絵本の物色がはじまります。

「ああ、この本、読みたかったんだよ~!」

「これ学校の図書室で読んだ! また読もうっと」

なんて言いながら、ソファ横のテーブルにどんどん本を積み上げる人。そして、慌ただしく開店準備をする母の傍らで、優雅に読書タイム。お手伝いするって言ったのになぁ……。

よくお客様と子育て話などをしていると、「こんなふうに絵本に囲まれて育った息子さんなら、絵本大好きでしょう?」なんて聞かれるのですが、うーん、たしかにそのようです。担任の先生によれば、学校でも「隙あらば本を読んでいる」そうで。

ちなみに、最近のお気に入りはこちら(本人が見せてくれた)。

※左から時計まわりに『The Art of STAR WARS』(アートオブ スター・ウォーズ展 図録)

『月刊 たくさんのふしぎ 迷宮へ どうぞ 1989年 01月号(第46号)』種村 季弘 文 川原田 徹ほか 絵(福音館書店)

『月へ行きたい』松岡 徹 文・絵(福音館書店)

『銀河鉄道の夜―宮沢賢治童話集』宮沢 賢治 著 田代 三善 イラスト(偕成社)

スター・ウォーズや宇宙ネタは、よく父子で盛り上がっているテーマです。銀河鉄道も、宮沢賢治押しの夫(花巻にルーツあり)が、寝しなにボソボソと読み聞かせをしている模様。

一方で、私がお店から持ち帰る絵本類(買い手がつかなかったけど私イチオシの絵本など)にも、未だに「やった~、ありがと~!」と歓喜してくれます。何かとこだわり強めの息子ですが、こと絵本に関しては「くるもの拒まず」のようで。

お客様から「どうしたら子供が絵本好きになりますか?」とご質問をいただくことも多いので、次回は我が家のケースをちょこっと、ご紹介できたらと思います。

お手伝いする~と言いながら、やっぱりこうなってしまう……

 (OSAGARI絵本・伊藤みずほ)

関連記事

OSAGARI絵本のよりみちにっき/本好きの子 ~我が家の場合~(後編)

2022年06月号 vol.83

OSAGARI絵本のよりみちにっき/いってらっしゃいの「ぎゅっ」

2022年04月号 vol.81

OSAGARI絵本のよりみちにっき/今読みたかった「友情」の絵本

2022年03月号 vol.80

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年06月号 vol.83

6月、梅雨といえば、アジサイ。まちかどで雨露にしっとり濡れたアジサイが美し...

2022年04月号 vol.81

入園、入学、入社。新年度が始まり、新しい生活が始まりました。桜はあっという...

2022年03月号 vol.80

♪春のうららの、墨田川・・・春の川は、魚が跳ねる音が聞こえて、春風に川面が...