JIBUNマガジン 文京区

2023年12月号 vol.101

OSAGARI絵本のよりみちにっき/あたたかいプレゼント

2023年12月15日 23:09 by Takako-Oikawa
2023年12月15日 23:09 by Takako-Oikawa

今年は暖冬かなあと油断していたら、ぐっと冷え込んだこの数日。行き交う人の服装やせわしない足取りに年の瀬を感じます。

子ども達にとっては、1年で最もわくわくする時期でしょうか。サンタさんにどんなお手紙を書こうか、希望のプレゼントはちゃんと届けてもらえるのか等、わくわくそわそわしながら過ごすクリスマスまでの日々もまた、楽しいものです。

ちなみに、プレゼントをじっくり吟味したいがゆえにサンタさんへのお手紙がギリギリになってしまう我が家の息子も、今年は早々と大きな画用紙にメッセージを書き上げ、本棚の上にオープンスタイルで(?)立てかけていました。今年は一つに絞らず、ほしいものを全て書き出した模様。サンタさん、どうするのかなあ……。

クリスマスにほしいプレゼントを「ぶお(ど)うのラムネ」と言っていた2歳の息子を思い出しながら、今月は、少し大きくなった子どもと今こそ一緒に読みたい絵本をご紹介します。

『サンタさん ありがとう ―ちいさなクリスマスのものだがたり―』

長尾 玲子 さく

福音館書店

クリスマスを前に、ちいさなしんちゃんがサンタさんにお願いしたのは、「いっしょにあそべておともだちになってくれるかわいいかわいい」くまさん。しんちゃんのお手紙はきたのくにのサンタさんの元に届けられましたが、子ども達へのプレゼント準備で忙しいサンタさん。すべての準備が終わったときに、しんちゃんのくまさんを忘れていたことに気が付きます。そこでサンタさんがしたことは、くまさんを型紙から作ること。そして……。

クリスマスに子どもに贈りたいものはこういうものだなあと、心にぽっと灯がともるようなお話です。子どもの年齢が上がるにつれ、サンタさんへのリクエストもぶどうのラムネから具体的な商品リストに変わったりするわけですが、しんちゃんの素朴な願いと、それに一生懸命こたえようとするサンタさんのまっすぐな思いは、今だからこそ心に響くものがあります。

また、ひと針ひと針大切に縫われた刺繍は一見シンプルなのにとても表情豊かで、くまさんが今にも動き出しそう。子どもも大人も、絵本を開くとその表現にわっと驚き、読み入ってしまう1冊です。

( サンタさんへの御礼のおやつ )

 (OSAGARI絵本・伊藤みずほ)

関連記事

OSAGARI絵本のよりみちにっき/生きるということ

2024年02月号 vol.103

OSAGARI絵本のよりみちにっき/反抗期でもおしゃべりさん

2023年10月号 vol.99

OSAGARI絵本のよりみちにっき/夏休みと「調べる学習」

2023年08月号 vol.97

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2024年02月号 vol.103

節分の豆まきは今年は4年ぶりというところが多かったようです。節分、立春といえど…

2024年01月号 vol.102

2024年が明けました。今年もよろしくお願いします。クリスマスもお正月も終わっ…

2023年11月号 vol.100

おかげさまでJIBUNマガジン100号となりました。特集など企画する余裕のない…