JIBUNマガジン 文京区

2022年09月号 vol.86

「絵本」に関連する記事

OSAGARI絵本のよりみちにっき/どんぐりといえばRちゃん

自転車で子どものお迎えに向かう途中、ふと懐かしい香りが。えっとこれは…キンモクセイ。夜空を見上げれば真ん丸お月さま。もうすっかり秋ですね。秋は外遊びがひときわ楽しい季節です。のん…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2022年09月号 vol.86

OSAGARI絵本のよりみちにっき/はじめてのキャンプ

今年のお盆は、かつてないほど静かな我が家。なぜかといえば、にぎやか担当の息子がキャンプに行ってしまったから。コロナコロナで叶わなかった息子の3年越しの願いがやっと叶ったわけですが…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2022年08月号 vol.85

OSAGARI絵本のよりみちにっき/ちょうも子どもも個性豊か

はやいもので、もうすぐ夏やすみ。子ども達にとってはお待ちかねのボーナスタイムですが、親にとっては"やっと1学期が終わったと思ったら、息つく暇もなく……"というのが正直なところかも…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2022年07月号 vol.84

OSAGARI絵本のよりみちにっき/本好きの子 ~我が家の場合~(後編)

さて、前回の続きです。この仕事をしていると、「どうしたら子どもが絵本好きになってくれますか?」とご質問をいただくことがあります。今はネットを"ググれ"ば、先輩ママのアドバイスから…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2022年06月号 vol.83

OSAGARI絵本のよりみちにっき/本好きの子 ~我が家の場合~(前編)

あっという間に過ぎ去ったゴールデンウィーク。例年通り遠出の予定もない我が家は、絵本屋でお店番をしながら過ごしました。小2の息子も、茗荷谷の朝マックにつられて朝から元気に出勤。毎朝…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2022年05月号 vol.82

OSAGARI絵本のよりみちにっき/いってらっしゃいの「ぎゅっ」

満開の桜で彩られた播磨坂も、連日の雨で葉桜に。ああ今年もお花見できないまま終わっていくわ……なんて感傷に浸る間もなく、お店の前の通りには弾むような子どもたちの声が戻ってきました。…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2022年04月号 vol.81

OSAGARI絵本のよりみちにっき/今読みたかった「友情」の絵本

先日、息子の小学校で今年度最後となる「朝の読み聞かせ」がありました。月に一度、保護者有志が各々割り当てられた教室へ赴き(事前に希望は出せる)絵本を読むというものです。あっという間…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2022年03月号 vol.80

OSAGARI絵本のよりみちにっき/何度も読んだ絵本の記憶

お店で絵本の検品をしていたら、懐かしい1冊と久々の再会。息子が今よりもっと小ちゃかったころ、お店の絵本棚から「これ(をどうしても持って帰りたい)!!」と自分で選んだものです。『う…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2022年02月号 vol.79

OSAGARI絵本のよりみちにっき/小学校の読み聞かせボランティアに挑戦

文京区で中古の絵本屋を構えて、早いもので7年目。息子の出産を機に、夫が営むネット古本店の倉庫の片隅で"手に取って選べる"絵本販売コーナーをつくったのがはじまりです。そして、小学生…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2022年01月号 vol.78

絵本に特化した古本店「OSAGARI絵本」茗荷谷に移転オープン

「お母さん、本屋さんやめないで。本屋さんはたくさんあった方がいいよ」。6歳の息子のひとことで、伊藤みずほさんは移転を機に閉めようかと思っていた中古絵本の店「OSAGARI絵本」の…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2021年01月号 vol.66

音楽も食も伝統文化も読み聞かせも/楽しさいろいろ第1回文京えほんパークレット

マンボ講座、バイオリン演奏、ピザづくり、万華鏡づくり、華道や茶道の体験に野菜丸かじり・・・一体なんのイベントかと思わせる。チャリティ古本市あり、世界の絵本の展示あり、外国の言葉と…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年11月号 vol.52

本をめぐるまち歩きで出会いを/千石ブックメルカード(一箱古本市)

「これが筋肉、これが背骨。だしを取るのにいいのは筋肉。おいしいよ。食べてみる?」「ううん」千石駅にほど近い「文京子育て不動産」の前で、子どもたちが熱心に小さな干し魚を解体しては絵…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年11月号 vol.52

自然、命、存在とは。青島左門展、狸坂文福亭で

14畳ほどの小さなスペースに、絵が3枚。正面の絵に描かれた小さな赤いバラが、一瞬、動いたように見えた。文京区千駄木3丁目、閑静な住宅街の中にある「狸坂文福亭(たぬきざかぶんぷくて…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年11月号 vol.52

10月のイベント紹介

イベントを一覧で紹介しようとまとめてみたが、季節はずれの台風のせいで、12、13日開催予定だった根津界隈の「下町まつり」は中止がすでに決まった。秋はイベントが目白押しなのに、残念…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年10月号 vol.51

特選!ご近所 茗荷谷界隈/茗荷谷駅前のビルにある子どもの本のアリス館

茗荷谷駅。後楽園方面のホーム後ろ寄りに登場した広告に気がついたのはちょうど昨年の今頃のことでした。それまでのどちらかというと地味目の他社看板から何やら明るく可愛いものに変わってい…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年1月号 vol.42

【イベント予告】安藤パパと子育てをロックしよう!8日14時から小石川図書館でイベント開催

「子育てはロックだ!」と常々口にしているNPO法人ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんのトーク&絵本ライブのイベントが8日(月祝)14時から、小石川図書館4階ホールで開かれ…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年10月号 vol.39

行動の秋!子育てサロンに行ってみよう!

小さい子連れで遊びに行ける子育てサロン(文京区社会福祉協議会のふれあいいきいきサロン)が区内に点在している。子育てフェスティバルに出展したチラシを中心に紹介する。行動の秋、ぜひ足…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年09月号 vol.38

絵本とアイリッシュハープの昼下がり/OSAGARI絵本が企画

ある暑い夏の日の昼下がり、文京総合福祉センター1階のカフェBUNBUN(ブンブン)で、絵本とアイリッシュハープのイベントが開かれた。センター内にある障害者支援施設「リアン文京」と…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年09月号 vol.38

特選!ご近所 茗荷谷界隈/子どもの目線でスペースも品ぞろえも「こどもの本屋 てんしん書房」

春日通りから湯立坂を降り切った信号の角にオープンしたのが「こどもの本屋 てんしん書房」。店主は神戸出身の中藤(なかふじ)さん。この界隈では4年前からの住人です。中藤さんは育った神…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年11月号 vol.28

【JIBUNテレビ】パパの休日を絵本に?!パパ絵本トリップ!森川寛信さんに聞く

イクメンという言葉が登場し、休日に子どもと過ごすパパも多いのでは?しかし、あれ、行く場所、公園しかない・・・そんなパパにおすすめなのがこれ、パパ絵本トリップ!普及活動を始めた森川…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年03月号 vol.20

バックナンバー(もっと見る)

2022年08月号 vol.85

コロナ第7波で感染者が過去最大となりつつも、行動制限のない夏休みやお盆は3年ぶ…

2022年07月号 vol.84

観測史上最速と言われた梅雨明け(6/27)から3週間。酷暑から一転、梅雨に逆戻…

2022年06月号 vol.83

6月、梅雨といえば、アジサイ。まちかどで雨露にしっとり濡れたアジサイが美しい。…