JIBUNマガジン

2020年02月号 vol.55

保育園入園申し込み総数、募集数を下回る/待機児童ゼロになるか

2020年02月16日 00:17 by Takako-Oikawa

 2020年4月入園の保育園申し込み数が、募集数を下回った。昨年までは申し込み数が超過し、待機児童が発生していたが、今春は大幅に減り、解消する可能性も出てきた。0~2歳児に限ればまだ200人以上申し込み数の方が上回っているものの、前年度比約6割減と大幅に減った。保育園の新設がここ数年相次いでおり、かなり充足されてきた模様だ。

(後楽園近くに新設される保育園)

 区がこのほど公表したデータによると、0歳児は募集数636人に対し応募が682人、1歳児は募集554人に対し応募776人と超過、逆に2歳児はここ数年で初めて募集数268人に対し応募数228人と下回った。2歳児の応募数は前年から145人減っている。

 区のホームページで公開されている2月12日現在の情報によれば、千石保育園などの区立園でも0歳児が定員割れした。2歳児は新設園をはじめ、区立園でも定員割れになっている。これは一次募集の状況で、これから二次募集の選考があるため、最終的には数字が変わる可能性が高い。3歳児以上は数年前から募集を応募が下回る状況が続いている。育休明け復帰の需要が高い1歳児枠は依然として狭き門だ。

(ビルやマンション1階の小規模保育園開設も増えた)

 昨春から今春までに、5歳児までの認可保育園が16園、小規模保育園や家庭的保育事業などが4か所が開設または開設予定で、定員が382人増えた。これだけの定員増が図られたことも、募集数と応募数の逆転につながったようだ。(敬)

関連記事

小1の壁、どうする?選択肢は昔より増えたが/学童トクトクトークオンライン

2021年02月号 vol.67

地域の人たちがソーシャルファミリーに/子ども村:中高生ホッとステーション

2021年01月号 vol.66

絵本に特化した古本店「OSAGARI絵本」茗荷谷に移転オープン

2021年01月号 vol.66

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年02月号 vol.67

桜の名所、小石川の播磨坂にある河津桜がもうすぐ満開になりそうです。早咲きで...

2021年01月号 vol.66

あっという間にお正月が終わり、1月8日に緊急事態宣言の発令と、2021年も...

2020年12月号 vol.65

街角はクリスマスツリーやクリスマス飾りでにぎわっています。でも、イベントも...