JIBUNマガジン

2020年02月号 vol.55

走れ!いだてん/「パリに沈む日」

2020年02月15日 16:25 by Takako-Oikawa

大正十三年、関東大震災の翌年、帝都・東京のあちこちで復興の槌音が聞こえてきます。

新東京の復興 東京朝日新聞より。

大正十三年(1924年)四月二十七日、金栗四三らオリンピック選手団は神戸港から「香取丸」に乗りアメリカを経由してパリを目指します。

大正十三年(1924年)四月二十九日付東京朝日新聞よりオリンピック選手団の出発 大正十三年(1924年)四月二十九日付東京朝日新聞よりオリンピック選手団の出発。

震災からの復興を海外に示そうと、お国の力の入れようはたいへんなもの。日章旗は秩父宮殿下から下賜され、まさにお国の代表と讃えられ応援されます。

続きはこちら

※この記事は「東京坂道ゆるラン」の「走れ!いだてん」に掲載されたものです。

関連記事

名建築を歩く(東京坂道ゆるラン)幻の官庁集中計画

2020年09月号 vol.62

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)鏑木清方「嫁ぐ人」と小石川植物園

2020年08月号 vol.61

文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)二つの幽霊坂についての考察

2020年07月号 vol.60

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年09月号 vol.62

朝夕が涼しくなり、ようやく秋めいてきました。世間では相変わらずのコロナ禍。...

2020年08月号 vol.61

気がつけばJIBUNマガジンは5周年を迎えました。昨年8月号のカバー写真は...

2020年07月号 vol.60

緊急事態宣言が解除され1カ月以上がたち、連日100人、200人の感染者が出...