JIBUNマガジン

2020年02月号 vol.55

特選!ご近所 茗荷谷界隈/石の上に まだ120年!

2020年02月25日 23:52 by Takako-Oikawa

千川通り太田胃散の裏側の道(千川の暗渠です)を猫又橋に向かうと、右側に明るく前庭の広い集合住宅が見えてきます。
ここは矢橋大理石株式会社東京ショールームでした。
界隈を散歩中、「大理石!」「ショールーム」に惹かれて飛び込んでしまいました。広い前庭は大理石の展示場なのです。3階から上は社員寮として使われています。

矢橋大理石の本社は岐阜県大垣市、美濃赤坂。この地で創業したのが120年前の1901年(明治34年)。美濃赤坂の金生山(きんしょうざん)の大理石を切り出して販売を始めたのが始まり。日本で一番古い大理石を扱う会社です。
いただいた名刺には「石の上に まだ120年」とあります。なるほど。

続きはこちら

※この記事は「ご近所 茗荷谷界隈」に掲載されたものです。

関連記事

特選!ご近所 茗荷谷界隈/住宅街の民家カフェ蜻蛉 + 珈琲(せいれいかうひい)

2020年09月号 vol.62

特選!ご近所茗荷谷界隈/創業20年、ミルク酵母のパン屋さんMAHL ZEIT(マールツァイト)

2020年08月号 vol.61

特選!ご近所 茗荷谷界隈/看板を作り続けて約100年、大塚のタクミヤ

2020年07月号 vol.60

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年09月号 vol.62

朝夕が涼しくなり、ようやく秋めいてきました。世間では相変わらずのコロナ禍。...

2020年08月号 vol.61

気がつけばJIBUNマガジンは5周年を迎えました。昨年8月号のカバー写真は...

2020年07月号 vol.60

緊急事態宣言が解除され1カ月以上がたち、連日100人、200人の感染者が出...