JIBUNマガジン

2020年02月号 vol.55

Wの育児日記③どの病院がいいのだろうか?

2020年02月15日 15:50 by Takako-Oikawa

 「どの病院がいいのだろうか」

 妻と二人で行った不妊治療の病院から帰宅直後に話しました。

 人に聞くこともできないし、探す術もありません。

 インターネットで「不妊治療」「病院」と入れるとずらりと出てきました。どこの病院もいいことがたくさん書いてありました。

 「成功率〇%」「明るい将来のために」などなど。くすぐったくなりそうだけれど、どこにでもすがりたくなる。そんな気持ちにさせてくれそうなネットの情報ばかりでした。一つくらい「うちの病院はやめた方がいい」とか書いてあるのがあれば、それはそれで正直だと思ったのですが、そんなところは一つもありませんでした。

 口コミについて言えば、相性が合ったり、うまく出産にまで至った人は「素晴らしい」のオンパレード。その一方、結果が芳しくない人にしてみれば「最低」「最悪」「医者として人の気持ちがわかっていない」などネガティブな情報が並んでいました。

 どちらも正解なのでしょうが、情報の海に飛び込んでみるとどれを選んでいいのか、かえってわからなくなりました。

 結局のところ、家から通いやすい病院に通院することにしました。通院を始めてから、何度か一緒に行ったことがありました。ターミナル駅から少し離れた場所にあるビルの一室でした。近くには高層のビルが立ち並び、時折吹き降ろす風で飛ばされそうになることもあるような場所でした。病院の外にまで椅子が並び、静まり返った場所でした。

 患者さんはいつ行ってもあふれていて、2時間待ちは序の口な感じでした。医師は何人かいるものの、毎回同じ医師に当たるわけでもないため、カルテに書いてある内容を改めて聞かれることもありました。

 何度かの診察の後に高度な不妊治療が必要との方向性が出され、夫婦で不妊治療の教室に参加することに。こちらで驚くべきことに遭遇することになりました。

※不妊治療で子どもを授かった40代の会社員男性が育児のあれこれをつづります

関連記事

Wの育児日記④一刻の猶予もない現実

2020年03月号 vol.56

Wの育児日記②「することしなきゃ、できないよ」。不妊治療の医師が言った

2020年1月号 vol.54

Wの育児日記①「こどもがほしい」。妻の涙がスタートライン

2019年12月号 vol.53

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年03月号 vol.56

桜が開花しました。観測史上最も早いそうです。文京区の桜の名所、播磨坂でも、...

2020年1月号 vol.54

2020年も半月過ぎてしまいました。お正月気分は抜けてしまったでしょうか。...

2019年12月号 vol.53

クリスマスまでなんとなく気持ちもにぎわって盛り上がりますが、すぐに歳末、正...