JIBUNマガジン

2018年02月号 vol.31

【イベント報告】「talk ARAKAWA」というイベントで荒川に新たな交流が生まれる(TABATIME掲載記事より)

2018年02月02日 00:02 by Takako-Oikawa

どうも梅の湯(@1010_UMENOYU)です。
いつも記事を書いている さくさく(@pirorin39)くんにかわり、
今回は2017年11/25 (土)に開催された「talk ARAKAWA」の参加レポートをお届けしたいと思います。

そもそも「talk ARAKAWA」のイベントはこちらのタバタイムにて知り、参加する予定だったところに、さくさくくんから「どうしても行けないから、レポートをしてほしい」ということで今回の記事を書くこととなりました。

荒川区を舞台にした、新しいまちづくりの試みが始まります。

荒川区周辺で面白い活動をされている3名の方々をスピーカーとしてお招きし、各スピーカーによるショートスピーチ、来場者とスピーカーの交流を誘発する2部構成のイベント 「talk ARAKAWA(とーく あらかわ)」を開催します。

1、“おもしろいヒトの集まるまち”としての荒川区の魅力を発信すること

2、地域との関係を築きにくかった層(単身者、新規転入者など)に、地域と関わりはじめるきっかけを提供することをねらいとしています。

このようなコンセプトの元、3人のスピーカーさんのお話を聞いて、その後みんなで交流しちゃおうというイベントです。

会場は町屋駅からほど近い、オシャレデザイン事務所 ROOM810さん。

続きはこちら

※この記事は田端による田端のためのwebマガジン「TABATIME」に掲載されたものです。

関連記事

木の精を感じるチョコレート店「DRYADES(ドリュアデス)」が西片に/福井発の木製デザイン雑貨店Hacoaが初の試み

2019年06月号 vol.47

知って乗ってまちを元気に/B-ぐる友の会

2019年06月号 vol.47

まちと出会い、ひとと出会う/「芸工展2019」活動は「まち歩き」からスタート

2019年06月号 vol.47

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年06月号 vol.47

文京区コミュニティバス「B-ぐる(ビーグル)」は2007年に運行を開始。元...

2019年05月号 vol.46

さわやかな5月。長い連休はいかがお過ごしでしょうか。12日は文京区内のあち...

2019年04月号 vol.45

新年度がスタートしました。満開の桜の下、入園式や入学式や入社式を迎えた人も...