JIBUNマガジン

2021年01月号 vol.66

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)井上安治が描く東京都心の原風景

2021年01月17日 01:58 by Takako-Oikawa

江戸伝来の浮世絵とは違う、リアルな明治初期の東京の姿を写した版画のシリーズ「東京真画名所図解」。
小林清親の弟子・井上安治は誇張なくデフォルメもなく、江戸から東京へと文明開化で変貌してゆく街を、ありのままに、そして詩情豊かに描いています。

江戸から東京へ

元治元年(1864年)浅草生まれの井上安治は明治維新を経験し、江戸から東京となって間もない街を絵葉書大のサイズの木版画に込めています。カラー写真の無い時代、今で言えばインスタ映えするような数々の光景。

東京真画名所図解「御城二重橋の景」。 東京真画名所図解「御城二重橋の景」。 古写真:二重橋 古写真:二重橋。

二重橋(正門石橋、正門鉄橋)をふだん目にしているわたしたちにとっては新鮮に思える木橋だった頃。

続きはこちら

※この記事は「東京坂道ゆるラン」の「名画・名建築を歩く」に掲載されたものです。

関連記事

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)笠森お仙

2021年05月号 vol.70

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)鏑木清方「築地明石町」

2021年04月号 vol.69

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)重要文化財になった坂道

2021年03月号 vol.68

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年10月号 vol.75

コロナの感染者が急減しました。今回は第何波でしたっけ? たくさんの波が来た...

2021年09月号 vol.74

コロナ禍が収まらない。秋のイベントも中止が相次ぐ。そんな中でも、マスクをし...

2021年08月号 vol.73

8月も半ばなのに、「梅雨末期のような雨」が降っています。先取りして秋雨かと...