JIBUNマガジン 文京区

2019年08月号 vol.49

記事タイトル一覧

夏の夜は花火で

記事テーマ:まち

ぱちぱちぱちぱち、バチバチバチッ!シュー、ぱらぱらぱらぱらヒュー・・・・・ドーン「キャー、きれいーっ!」「わー、すげーすげーすげー」。隣や後ろで歓声があがる。夏の夜の花火に心いやされるのはなぜだろうか。急に花火が見たくなった。帰省などで東京を離れる人もい...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

ジャズ聴きながら伝統を灯し続ける/江戸指物展示館「谷中木楽庵」

記事テーマ:ひと

台東区のコミュニティバス「めぐりん」のバス停「谷中霊園入口」すぐの路地。まわりは緑地が多い場所だ。ここに、「江戸指物展示館谷中木楽庵」があり、多くの外国人観光客が訪れているという。大通りには「伝統的和家具 展示販売 江戸指物 ※喫茶も出来ます谷中木楽庵」...

inaba_yoko inaba_yoko

「知ってるつもり」で終わってないか? まちを文と写真で表現する講座、次回は8月29日夜

記事テーマ:メディア

JIBUNマガジンの及川編集長が、ここで何度か紹介している「文京区でまってる!」に講師として登壇。2019年7月26日夜、アカデミー音羽で第11回「『知ってるつもり』で終わってないか?~まち×ライティング実践講座」が開かれた。 いつもは、ゲストのスピーチ...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

本が読めるカフェにとどまらぬ広がりを求めて。小石川モノガタリ。

記事テーマ:カフェ

本が買えて読めて,コーヒーが飲めて雑貨も買える。それが「小石川モノガタリ」。小石川3丁目の通称オリーブ通りに2019年5月にオープンした。「本の価値を最大化する方法としての店。本を読む、にとどまらず、本を通したコミュニティーができるぐらいの広がりができれ...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

特選!ご近所 茗荷谷界隈/イグ・ノーベル賞受賞者が小石川にいた

記事テーマ:ご近所 茗荷谷界隈

「イグノーベル賞」を受賞された方がこの茗荷谷界隈にいらっしゃるとお知らせが入り、早速お話を伺いにお邪魔しました。播磨坂を下り「Pesce(ペッシェ)」(イタリアン)の角を左に入って20メートルほど。右側に可愛い動物病院があります。それが小暮動物病院。 ...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

バックナンバー(もっと見る)

2022年05月号 vol.82

天候不順ですが、本来は五月晴れの行楽シーズン。ナントカ宣言も措置も出ていな...

2022年04月号 vol.81

入園、入学、入社。新年度が始まり、新しい生活が始まりました。桜はあっという...

2022年03月号 vol.80

♪春のうららの、墨田川・・・春の川は、魚が跳ねる音が聞こえて、春風に川面が...