JIBUNマガジン

2019年08月号 vol.49

特選!ご近所 茗荷谷界隈/イグ・ノーベル賞受賞者が小石川にいた

2019年08月03日 00:37 by Takako-Oikawa

「イグノーベル賞」を受賞された方がこの茗荷谷界隈にいらっしゃるとお知らせが入り、早速お話を伺いにお邪魔しました。

播磨坂を下り「Pesce(ペッシェ)」(イタリアン)の角を左に入って20メートルほど。右側に可愛い動物病院があります。それが小暮動物病院。


院長の小暮規夫先生が2002年のイグノーベル「平和賞」受賞者です。なぜ「平和賞」なのでしょうか? ウィキペディアによれば「犬語翻訳機『バウリンガル』開発によって、ヒトと犬に平和と調和をもたらした業績に対して」。この受賞理由も良いですね! 先生は様々な犬の画像と鳴き声から犬の気持ちを判定、玩具メーカーのタカラと日本音響研究所の方と一緒の受賞でした。

続きはこちら

※この記事は「ご近所 茗荷谷界隈」に掲載されたものです。

関連記事

特選!ご近所 茗荷谷界隈/冨坂上バス停前、こだわりのパン店IENA

2021年08月号 vol.73

特選!茗荷谷界隈/日々のくらしのなかで有ると良い品「生活雑貨の店 hibi(ヒビ)」

2021年07月号 vol.72

特選!ご近所 茗荷谷界隈/竹早高の歴史見つめる老舗、パン・ドゥ・ルパ(旧 藤森パン)

2021年06月号 vol.71

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年09月号 vol.74

コロナ禍が収まらない。秋のイベントも中止が相次ぐ。そんな中でも、マスクをし...

2021年08月号 vol.73

8月も半ばなのに、「梅雨末期のような雨」が降っています。先取りして秋雨かと...

2021年07月号 vol.72

梅雨がほぼ明けました。例年、梅雨末期に豪雨による水害が起きています。201...