JIBUNマガジン

2020年03月号 vol.56

特選!ご近所 茗荷谷界隈/間口広く「お気軽に」古美術柿谷

2020年03月16日 01:23 by Takako-Oikawa

播磨坂から千川通りを後楽園方面に向かい、4つ目の信号機の左側、元八百屋さんのあった場所に昨年、ある時から福助が座る真っ赤なシャッターが目につくようになりました。四隅には「愉快活発」の文字が大きく書かれています。
骨董店「古美術柿谷」です。


店主の柿谷州太朗さんは経験20年の2代目。お父様のすすむ氏はNHKの「美の壺」にも出演したことのある名うての蕎麦猪口のご専門、埼玉県にお店を構えています。

続きはこちら

※この記事は「ご近所 茗荷谷界隈」に掲載されたものです。

関連記事

特選!ご近所 茗荷谷界隈/住宅街の民家カフェ蜻蛉 + 珈琲(せいれいかうひい)

2020年09月号 vol.62

特選!ご近所茗荷谷界隈/創業20年、ミルク酵母のパン屋さんMAHL ZEIT(マールツァイト)

2020年08月号 vol.61

特選!ご近所 茗荷谷界隈/看板を作り続けて約100年、大塚のタクミヤ

2020年07月号 vol.60

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年09月号 vol.62

朝夕が涼しくなり、ようやく秋めいてきました。世間では相変わらずのコロナ禍。...

2020年08月号 vol.61

気がつけばJIBUNマガジンは5周年を迎えました。昨年8月号のカバー写真は...

2020年07月号 vol.60

緊急事態宣言が解除され1カ月以上がたち、連日100人、200人の感染者が出...