JIBUNマガジン

2018年01月号 vol.30

「目指したのは地域に根付くプロジェクト」 建築家が石巻で家具メーカーを立ち上げた理由/芦沢啓治/Eastside Goodside (イッサイガッサイ) インタビュー

2018年01月05日 01:04 by Takako-Oikawa

自分にとってメリットがあるか考える暇もなく、がむしゃらに走っていたら、いつの間にか名刺代わりの仕事になっていた──。創業者から、こんな言葉を聞くことが時々あります。

文京区小石川で建築設計事務所を経営する芦沢啓治さんもその1人。2011年の東日本大震災の後、宮城県石巻市に通うなかで「どうせ行くならちゃんと役に立ちたい」という思いが芽生え、地域のものづくりの場として「石巻工房」という公共施設を立ち上げたそうです。

石巻工房は現在、家具メーカーに発展し、規格材のみを用いたシンプルで機能的な家具を制作しています。石巻工房の設立までの過程や、芦沢さんのモノづくりに対する姿勢について、小石川の事務所でお話を聞きました。

続きはこちら

この記事はEastside Goodside (イッサイガッサイ) 東東京モノづくりHUB創業インタビューに掲載されたものです。

関連記事

「何かを始めたいなら4人チームを組むといい」エンパブリック流、明日の仕事のつくり方/広石拓司さん/Eastside Goodside (イッサイガッサイ) インタビュー

2017年12月号 vol.29

【イベント案内】台東区入谷・根岸 珠玉の26店が参加!good day入谷(10/9〜10/15)

2017年10月号 vol.27

【東東京マガジン】ジモコロ柿次郎さん×greenz.jpコウタさんが語る「ライターに必要なこと」とは!?

2017年07月号 vol.24

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年12月号 vol.41

まばゆいばかりのイチョウの黄葉.。夜は街頭に照らされ、夜桜ならぬ夜銀杏が美...

2018年11月号 vol.40

近年は米国流でハロウィンの仮装やパレードをする人たちが増えました。 先日は...

2018年10月号 vol.39

10月の台風はかつて珍しかったのですが、最近はそうでもなく、今年は秋台風が...