JIBUNマガジン

2015年12月号 vol.5

記事タイトル一覧

【子ども】マチイク講演会で豊島WAKUWAKUネットの栗林さん登壇/子ども食堂イベント

記事テーマ:子ども

毎年11月は、児童虐待防止月間(オレンジリボンキャンペーン)でした。「児童虐待は決して他人事ではない」と考え、活動している「子どもを守る目コミュ@文京区」は、11月1日、文京区子ども家庭支援センターとの共催で、マチイク講演会&交流会『子ども食堂ってなぁに...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【まち】デザインを通じて60年、小石川の「アルス」がA・cornsギャラリーで特別展

記事テーマ:まち

おや、お馬さんのお尻がガラスに? こんにゃくえんま(源覚寺)の裏手、建設中のマンションを左手に見ながら小さな曲がり坂を上ると、株式会社アルス(小石川2-21-5)の建物が現れる。1階には「A・corns(エーコーンズ)ギャラリー」が併設されており、創立6...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【子育て】保育園の選び方や特徴を先輩パパ・ママが伝授/保育園トクトクトーク開催

記事テーマ:子ども

「保育園って何を決め手にしたらいいの?」「認可保育園に入れなかったらどうしよう……」まちのLDK「さきちゃんち」にて11月、子育てサークル・ワラビーとサロンゆるっとの共催で保育園在園中のパパ・ママから保活や保育園について生の声を聞く「保育園トクトクトーク...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【子ども】たくさん走って、たくさん遊んで/野外で活動、子育てサークルあっぷっぷ

記事テーマ:子ども

木の棒につかまって、しゅっぱあつ! ブッブーッ。次の停留所はツツジ園です――。木漏れ日がまぶしい小石川植物園。子育てサークル「あっぷっぷ」では、月1回ほど、自然の多い公園で野外活動を楽しんでいる。いつ来ても、いつ帰ってもいい。ただみんなで自然の中で過ごし...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

イクメンと呼ばないで~男37歳、ただいま育休中(4)路上喫煙が気になる秋/道具をそろえ料理修業を開始!田村一樹

記事テーマ:子ども

人生でいちばん紅葉を眺めた秋だったかもしれません。3カ月を迎えた息子とほぼ毎日、散歩に出かけています。公園に連れていくと、息子は目をまん丸にして頭上に広がる木の枝と葉っぱを眺めます。緑色だったもみじがだんだん赤くなっていきました。 息子のお気に入りの場所...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【起業人・子育て】こころがほっこり、からだもよろこぶ多世代交流の場/女性3人で立ち上げた赤羽の「いろむすびcafé」

記事テーマ:起業人

「ママのための家計セミナー」「骨盤ストレッチ」「子育て絵本アドバイス講座」・・・。子育て世代が関心を持ちそうな講座がずらり。JR赤羽駅から線路の高架沿いに約10分、保育園やジムや介護施設が入居する複合施設の1階に、カフェスペースとイベントスペースを備えた...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

特選!茗荷谷界隈⑤「育児コンシェルジュ」や「ぬいぐるみおとまり会」も/小石川図書館、山田館長に聞く

記事テーマ:ご近所 茗荷谷界隈

文京区内には全部で10の区立図書館がありますが、最初に開館したのがこの小石川図書館(小石川5-9-20 電話03-3814-6745)。明治43年(1910年)8月「小石川尋常高等小学校内(現在の竹早公園)」に東京市立小石川簡易図書館として生まれました。...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

赤ちゃんとお出かけ情報局/授乳室探訪⑤恵比寿ガーデンプレイス&三越(YogaとくらしのサロンLingkarang)

記事テーマ:赤ちゃんとお出かけ情報局

恵比寿三越は、あまりデパートなどは利用していなかった学生時代からなんとなく好きな場所です。空が広くて、写真美術館や映画館もあって1日のんびり過ごすこともできるから。  そんなガーデンプレイス、小さな子ども連れ&赤ちゃん連れでも過ごしやすい配慮がいっ...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

バックナンバー(もっと見る)

2019年09月号 vol.50

おかげさまでJIBUNマガジンも創刊4年、50号を迎えました。読み手も書き...

2019年08月号 vol.49

灼熱の夏です。日中「危険」な暑さが続いています。暑さ指数が31「危険」を超...

2019年07月号 vol.48

ゲストのトークと交流の機会を提供するコミュニティー&ミーティング「文京区で...