JIBUNマガジン 文京区

2022年11月号 vol.88

まち

小石川植物園が発見と創作の場に/1万人近くが訪れた小石川植物祭

「葉も花も すべてが大きい ホオノキの木!」小石川植物園園長の川北篤さんが読み札を読むと、一斉にホオノキの葉の上にたくさんの手が重なる。「はい」「はい!」「ハイー!」植物園内の植…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa

「ケ」の場に祭りを持ち込む/上野桜木の有形文化財・市田邸で演劇公演「ゴン太のクリスマス」

台東区上野桜木に、国登録有形文化財「市田邸」がある。東京芸術大学から道をはさんで向かい側にあたる。市田邸は、谷根千の地域ではよく知られている。有形文化財ではあるが、コロナ前は地域…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko

他の号の記事

クラフトビール巡り⑦本郷菊坂町かもす/手作りビール店をまちの豆腐屋さんみたいにあちこちに

「おいしいビールを片手にみんなでわいわい。そんな場がまちのあちこちにあれば。まちのお豆腐屋さんみたいに」。本郷通りから菊坂へ入ってすぐのところにあるクラフトビール店「本郷菊坂町か…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2024年02月号 vol.103

夜の小石川後楽園きらびやか。里神楽や狂言も愉快に/夜間特別開園、21日まで

強い北風が吹きすさび、冷え込んだ夜、小石川後楽園の夜間開園に足を運んだ。こんなに寒くて当日券1000円は高い、と思いつつ、東京ドームに隣接する東門から入った途端、そんな思いは吹き…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2024年01月号 vol.102

根岸~三ノ輪、歩けばいつものまちが見知らぬまちに/2024七福神巡り①「下谷七福神」

「七福神巡り」といえば、谷中七福神(過去記事参照)がよく知られているのか、毎年1月になると、毎日のように七福神巡りツアーらしきグループが旗を持って歩いているのに出会う。七福神とい…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2024年01月号 vol.102

川の流れのようにゆったりと/2024七福神巡り②「隅田川七福神」

川沿いのコースは旅情豊かな道行になるに違いない…とは思うのだが、ここ数日の寒さもあり、川風がどれくらい冷たいのか、二の足を踏む。台東区側に住む友人が勧めてくれたコース、ほかの仲間…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2024年01月号 vol.102

「うちにあがって食べてきな」。気軽に寄れる「動坂テラス」運営の馬場玲子さん、カラオケ店もオープン

千駄木と本駒込の境を通る道を不忍通りに下る動坂。下りきる手前の路地にあるのが、「動坂テラス」だ。文京区社会福祉協議会の支援のもと、千駄木3丁目の「坂下テラス」と共に、みんなが立ち…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2024年01月号 vol.102

「世界最大級の花」ショクダイオオコンニャク小石川植物園で13年ぶり開花

インドネシア・スマトラ島原産で、世界最大級の花を咲かせると言われるショクダイオオコンニャクが、2023年12月8日、小石川植物園の温室で13年ぶりに開花した。花は2日間しか咲かな…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2023年12月号 vol.101

陶磁器と山野草を展示販売、千石の住宅街の野趣あふれるギャラリー「千」/きまぐれギャラリー探訪

半年くらい前、地域のギャラリーの取材先を探していると、知人から、「千石にとてもすてきな陶器のギャラリーがある」と教えてもらった。東洋女子高等学校の先、豊島区との区界に近い住宅街に…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2023年12月号 vol.101

認知症の人もランナーも大人も子どももごちゃまぜ/認知症の人との交流や知識を深めたRUN伴+文京区

「外は気持ちいいねー」。黄金色に輝くイチョウ並木の下を、車いすのお年寄りと、オレンジのTシャツを着た人の一群がゆっくり歩く。「首が回らなくてね」とお年寄りが言うと、補助者が「え?…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2023年12月号 vol.101

小石川植物祭2023に行ってきた!植物をいかした楽しい仕掛けがあちこちに

タスキをかけたヒマラヤスギ、サクラ、イタヤカエデ。あそこにも、ここにも、「立候補者」が。。。折戸朗子「小石川植物祭選挙」の候補者だ。そんな楽しい仕掛けがあちこちにある小石川植物祭…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2023年11月号 vol.100

RUN伴(らんとも)+文京区に参加しよう!23日(木祝)区内各所で開催!

認知症ご本人や家族、地域住民や企業等が一緒にタスキをつないで走るまちづくりのイベントRUN伴(らんとも)+文京区2023が11月23日(木祝)開かれる。中継地点は施設や居場所で、…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2023年11月号 vol.100

そうだ!議会ピクニックへ行こう!3カ月児と一緒に区議会委員会を傍聴してみた。

議会と住民の距離を縮めようという「議会ピクニック」が、文京区議会の11月議会で開かれている。子ども・子育て支援調査特別委員会で「ピクニック」できると聞いて、参加した。議会を訪問・…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2023年11月号 vol.100

アートと人と地域を対話で深め、つなげる「Bunkyo Brut~つながりのまじわり展~part2」

おや、郵便局のガラス窓にフェルメール? 開け放たれた扉の奥はカラフルなグルグルでいっぱい。文京区内の障害者施設で創作された作品を街中に展示する「BunkyoBrut(ブンキョウブ…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2023年11月号 vol.100

両親の絵本で育った娘が企画「ヒロシとマリコの手づくり絵本展in NEZU」/芸工展2023まちかど展覧会訪問

根津2丁目、不忍通りと言問い通りの交差点を少し入ったところにある「kitchenhaco」で、「芸工展2023」のまちかど展覧会「ヒロシとマリコの手づくり絵本inNEZU」が開催…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2023年11月号 vol.100

地域の工作室をつくりたい!育児真っ最中の女性が立ち上げた「もくもくはりねずみ」

「DIYが可能で、ものづくり活動をしても大丈夫な物件はないだろうか」。私市(きさいち)瑞希さんが探していて出合ったのが、自宅に近い文京区後楽の旧タバコ屋の物件。トイレもエアコンも…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2023年10月号 vol.99

ヒバ香る繊細な薔薇/フラワーアートとワークショップのお店「Salon de Lino Lino」/芸工展2023まちかど展覧会訪問

根津の交差点から言問通りを上野方面に上がって、台東区のコミュニティバスの「東西めぐりん」のバス停、「吉田屋酒店」のすぐ近くに「Salon de LinoLino」はある。「東京、…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2023年10月号 vol.99

小石川植物祭を目前に地域で盛り上がる!ボランティアがフィールドワークに参加

11月3日、4日、5日は小石川植物祭2023。今年で2回目だが、前年より盛り上がりをみせ、区内外から200人ものボランティアがかかわる予定だ。当日に向けて、小石川植物園(東京大学…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2023年10月号 vol.99

秋田・大曲の花火大会で涼をとる

一度は見に行きたいと思っていた、秋田県大曲の花火大会。コロナを超え、昨年から再開、昨年は雨の中での花火だったが、今年は天気は上々、昼間は37度という東北の暑さだったが、花火開始1…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2023年09月号 vol.98

全員が主催者。地域デビューの一歩に。「思い出横丁in傳通院」大盛況

伝通院の境内が人、人、人。。。焼きそばやかき氷販売あり、メダカすくいあり、本堂前の石畳は「ステージ」となり、ダンスあり、音楽あり。「お祭りづくり」を地域のみんなで楽しもうという「…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2023年09月号 vol.98

芝居小屋がたくさんあるまち浅草に、小さな演劇スペース「あさくさ劇亭」を訪ねる

「アートスペース/あさくさ劇亭」は東京メトロ銀座線「田原町駅」近くにある。劇亭入口に向かって右手ひとつ先の道に、東本願寺のどっしりした建物が見える。「合羽橋道具街」からも近い。浅…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2023年09月号 vol.98

クラフトビール巡り⑥文京区→島根県益田市Iターン女性が挑戦、高津川リバービア

文京区から島根県益田市に移住し、クラフトビールを作り始めた女性がいる。上床(うわとこ)絵理さん。福岡市出身で、大学卒業後、文京区に住み、会計検査院に勤務する国家公務員だった。8月…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2023年09月号 vol.98

バックナンバー(もっと見る)

2024年02月号 vol.103

節分の豆まきは今年は4年ぶりというところが多かったようです。節分、立春といえど…

2024年01月号 vol.102

2024年が明けました。今年もよろしくお願いします。クリスマスもお正月も終わっ…

2023年12月号 vol.101

小石川植物園のショクダイオオコンニャクが13年ぶりに開花し、大勢の人が見に訪れ…