JIBUNマガジン 文京区

2021年10月号 vol.75

元帥騎馬像跡の平和の群像(東京坂道ゆるラン)

2021年10月16日 22:08 by Takako-Oikawa

皇居のお堀端につづく東京屈指の美しい坂「三宅坂」。ここで目を引く銅像が、最高裁判所を背にして建つ菊池一雄作の「平和の群像」です。三人の裸婦像はそれぞれ「愛情」「理性」「意欲」を表しています。

平和の群像 平和の群像。

しかしながら、台座、設置スペースが大きすぎて像とのバランスが悪い印象を受けます。

平和の群像

三人の裸婦と二人の愛らしいキューピットは相まっていて理解できますが、獅子の装飾は何やらいかめしくて場違いな印象です。

続きはこちら

※この記事は「東京坂道ゆるラン」に掲載されたものです。

 

関連記事

秋葉原の大きな勘違いー地名の由来は鎮火社?(東京坂道ゆるラン)

2021年11月号 vol.76

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年11月号 vol.76

しばらくコロナ感染者数が底を打っているようで、まちに活気が戻りつつあります...

2021年09月号 vol.74

コロナ禍が収まらない。秋のイベントも中止が相次ぐ。そんな中でも、マスクをし...

2021年08月号 vol.73

8月も半ばなのに、「梅雨末期のような雨」が降っています。先取りして秋雨かと...