JIBUNマガジン 文京区

2020年08月号 vol.61

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)鏑木清方「嫁ぐ人」と小石川植物園

2020年08月16日 10:46 by Takako-Oikawa
2020年08月16日 10:46 by Takako-Oikawa

まるで明治のファッションブックから飛び出してきたかのような、華やかな趣きを持つ作品。鏑木清方、初期の美人画の代表作「嫁ぐ人」。

桜咲く園を背景に、花鳥画をふまえてカゴの鳥。それだけでなく、着物の柄にも鳥と蝶をあしらっています。また、アクセサリーも豊かで明治の風俗が見えてきます。孔雀の羽根にハート、髪飾りにもハートがあり、オシャレです。

白鸚鵡を深読み

カゴの鳥は白鸚鵡。古来より舶来の貴重な鳥で、江戸では将軍や有力大名のペットとして珍重されます。
そのことから、この場面は上流階級、結婚を祝う令嬢たちの園遊会の設定だということがわかります。

続きはこちら

※この記事は「東京坂道ゆるラン」の「名画・名建築を歩く」に掲載されたものです。

 

関連記事

(東京坂道ゆるラン)太田道灌、山吹の里の鎌倉街道を行く2(豊島区前編)

2022年09月号 vol.86

戦犯裁判にかけられた東京四大銅像(東京坂道ゆるラン)

2022年03月号 vol.80

消えた軍艦行進曲記念碑(東京坂道ゆるラン)

2022年02月号 vol.79

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2023年01月号 vol.90

お正月気分も終わり、2023年が本格的に始動。冬らしい寒波が繰り返し襲ってきて…

2022年12月号 vol.89

あれ、街路樹に椿?と思ったら、どうやら山茶花(さざんか)らしい。「さざんかさざ…

2022年11月号 vol.88

木々が紅葉しはじめ、秋らしくなりました。小石川植物園では、受付の「ご自由にお持…