JIBUNマガジン

2020年07月号 vol.60

新型コロナのまちウオッチ(「新しい生活様式」編)

2020年07月22日 00:00 by Takako-Oikawa

東京では連日100人超、200人超の感染者が出ている。「夜の街」「20~30代」「劇場」「クラスター」といったワードも連日耳に入る。でも、自粛生活には戻れない、というのが多くの人の本音のようだ。まちなかにはこれが「新しい生活様式」なのか、と思われる掲示もみられる。体調異常があれば飲食利用を控えて。食事中以外はマスク着用。一見ちまたで普通に言われていることだけど、飲食店で呼びかけている内容として、よくよくその意味をかみしめてみると、味わい深い面白さが出てくるように思う。

お店や施設に入る前に手指消毒。これも当たり前の光景に。新しい生活様式として定着。

文京シビックセンターのエレベーター内の掲示。「混雑時のエレベーターで会話しないでください」とは書かれていない。会話等には十分ご注意くださいって、どのように注意するのか、具体的に記さないのがミソ? 会話等と「等」がついているのもお役所的。

もはや一般的となった咳エチケット。英語や韓国語や中国語で書かれている。これもじっくり読んでみると、いろんな発見があるかもしれない。咳は日本語。Coughは咳を意味する英語。では、Etiquette、エチケットは何語? シビックセンターのエレベーター内だけでも暇つぶしができる。

梅雨らしい梅雨で暑さが一段落しているものの、これからの季節は熱中症が怖い。そんななか、至極まっとうな掲示を見た。何がなんでもマスク、ではない。

公園編」で記事にした通り、「はなれてあそぼう2メートル」が遊び場のあちこちに掲示されている。ところが。

屋内の小売業におけるソーシャルディスタンスは1メートルなのだという。屋外で遊ぶ子どもたちは2メートル離れよと指示されている。確かに、屋内の方がスペースが狭いからね。。。

倒産件数とか閉店件数の統計は数値として出ていると思うが、原因がコロナの直接的影響なのか、間接的影響なのかまではわからない。この掲示、飲食店営業のガイドラインに適しないため閉店、という具体的内容はわからないけれど、一つ言えるのは、真面目に守ろうとするところほど苦しくなる、ということだろうか。夜の街にもガイドラインはあるのに、守っていない店から感染が広がっているのだろうな。(敬)

関連記事

リンゴがぎっしり。谷根千スイーツ新名物、食べ歩きができるアップルパイ「APPLE POCKETS」

2020年10月号 vol.63

元お米屋さんが地域の居場所に/昭和の色濃い「こびなたぼっこ」

2020年10月号 vol.63

空き店舗改修で地域に居場所/町会や企業と共に「氷川下つゆくさ荘」

2020年10月号 vol.63

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年10月号 vol.63

今月は1日が十五夜、29日は十三夜と、お月見月間です。芋、栗、柿、リンゴ、...

2020年09月号 vol.62

朝夕が涼しくなり、ようやく秋めいてきました。世間では相変わらずのコロナ禍。...

2020年08月号 vol.61

気がつけばJIBUNマガジンは5周年を迎えました。昨年8月号のカバー写真は...