JIBUNマガジン

2017年11月号 vol.28

特選!ご近所 茗荷谷界隈/子どもの目線でスペースも品ぞろえも「こどもの本屋 てんしん書房」

2017年11月03日 17:10 by Takako-Oikawa

春日通りから湯立坂を降り切った信号の角にオープンしたのが「こどもの本屋 てんしん書房」。

店主は神戸出身の中藤(なかふじ)さん。この界隈では4年前からの住人です。

中藤さんは育った神戸東灘区の岡本にある「ひつじ書房」(最寄駅はJRの摂津本山)が大好きでこどもの頃から通い続けていたそうです。「私はひつじ書房で育ったようなものです」と中藤さん。(ファンの間では有名な児童書店で親子3代通っているケースもあるようです。トリップアドバイザーによれば神戸市内の訪れるべきお店にもランクインしていますね。ネットを調べてみると店主の平松さんは今年で86歳。1975年創業、すでに40年以上の歴史があります)。

続きはこちら

※この記事は「ご近所 茗荷谷界隈」に掲載されたものです。

 

関連記事

特選!ご近所 茗荷谷界隈/お茶の水女子大の正門刷新!

2017年10月号 vol.27

特選!ご近所 茗荷谷界隈㉑播磨坂が「フランス化」?Café Gare de Lyon(リヨン駅)

2017年09月号 vol.26

特選!ご近所茗荷谷界隈⑳いまや茗荷谷の顔に?茗荷谷インフォメーション

2017年08月号 vol.25

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年10月号 vol.27

芸術の秋。10月は谷根千地区で恒例の「芸工展」が開かれています。まちじゅう...

2017年09月号 vol.26

夏らしい日が少ないまま夏が過ぎ、日差しも秋めいてきました。 秋はお祭りシー...

2017年08月号 vol.25

JIBUNマガジンも2周年を迎えました。8月号はだいぶ遅れての発行となりま...